ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリス配偶者ビザ申請:(4)翻訳会社について【2019年】

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

これまでnoteに掲載していたイギリス配偶者ビザ申請時のことについて、時間が経ったためこちらのブログで公開することにいたしました。

※内容は2019年(6月申請・8月ビザ受領)のものです。ルール等変わっていると思いますので、あくまで一個人の過去の経験談であることをご理解ください。また、読者様のビザ申請が通ることの保証は全くできかねますのでご了承ください

 

ビザ申請で書類を提出する際、日本語で書かれた書類は英語に翻訳する必要があります。

そして、その翻訳はイギリス政府が推奨している会社から選ぶ必要があります。
そこで、今回は、実際に私が利用させていただいた2つの翻訳会社さんと、依頼の際に気を付けた方が良いと思ったことをご紹介します。

まず、私が実際に依頼した2つの翻訳会社は以下の通りです。
①コスモポリタンビレッジ
②グローヴァ


以下それぞれの詳細です。

 

①コスモポリタンビレッジ


*戸籍謄本と婚姻届受理証明書の翻訳を依頼しました。
*2枚で1万円弱かかりました。
*グローヴァさんの見積金額が結構高かったため、こちらに依頼した経緯です。
*1度 PDF で仮納品していただきましたが、翻訳漏れと、訳をあらかじめ指定しておいた箇所(固有名詞等)のミスがありました。
*修正を依頼したらすぐに直していただきました。
*原本は普通郵便で届いた記憶があります。
* 翻訳証明書は無料で付けていただきました。


②グローヴァ


*色々なブログを拝見しているとよく見かけるこちらの会社ですが、①に依頼する前に見積を出していただきました。
*①との比較しかできませんが、結構割高な印象があります……。
*銀行の取引明細書の翻訳×4ページをお願いしましたが、4万円弱かかりました。
*丸々5営業日かかって1回目の仮納品(PDF)が届きました。
*数字と表記のミスがいくつかありました。
*修正を依頼した際にはすぐに対応していただけました。
*原本はヤマトのメール便?で届きました。
*翻訳証明書は無料で付けていただきました。

感想·アドバイス

先ほども述べたとおり、いろいろなブログを拝見するとグローヴァさんを利用されている方が多いように思いましたが、実際に2つの翻訳会社を利用してみて、正直なところ、成果自体に大きな差はないように感じました。

アドバイスとしては、あらかじめ読み方が難しい箇所や、訳を指定したい箇所について、翻訳開始前にメールで伝えておくことをおすすめします。少しでも修正の手間を省くために……。ちなみに私は名前が男性でも女性でもあるものだったので、敬称に注意してほしいとお伝えしました。


グローヴァさんは、見積依頼を出すとすぐに返信がきます。他の翻訳会社さんの中には、見積依頼に対する返信もないところもあるようです………。


私は2つの会社さんとしかやりとりをしませんでしたが、料金·スピード·正確性を考えると、将来は申請者本人が訳したもので OK という日が早く来てほしいなと思ってしまいます。

 

以上です。少しでもお役に立てれば幸いです。