ゆずの本棚

書評・おすすめ本紹介とイギリス生活について発信しています!

2021年1月読書記録まとめ

こんにちは! 


今回は、2021年1月の読書のまとめをしたいと思います。私が住むイギリスでは、雪が降った地域も多く、全体的に寒い日が続きました。12月の冬至を超え、少しずつ日が長くなっているのを感じられ、春が待ち遠しいです。ロックダウンも続いているため、まだまだ家で過ごす時間は多くなりそうです。

 

f:id:yuzubook:20210124194813j:plain

 

 

1.読んだ作品数

 

今月読んだ総作品数:7作
(※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています)
和洋の内訳:和書0作、洋書7作

 

今月はすべて洋書となりました。意識したわけではなかったのですが……。

 

2.それぞれの作品

The Holiday T.M. Logan 
CRIME STORY COLLECTION (Penguin Readers: Level 4)  
Classic Detective Stories  
Dead Tomorrow Peter James 
Give Me Your Hand Megan Abbott 
The Last House Guest Megan Miranda 
The Stranger in the House Shari Lapena 

 

 ミステリをたくさん読めました!新しい作家さんに挑戦したりも……。新年、ということで、何か新しいことにトライしたくなるのは子どものときから変わらず、です。

 

3.ベスト・次点作品


私が選ぶ今月のベスト:The Holiday by T.M. Logan 

次点:The Stranger in the House by Shari Lapena


 いい作品ばかりで迷いましたが、ページをめくる手がとまらなかったこちらの2作品を選んでみました。友人と旅行することや、ご近所付き合いをいま一度考え直したくなる作品です。人間ってやっぱり怖い!

 

4.総括

 なんと、今月は洋書だけとなりました。意識していたつもりはないのですが、いま読んでいる日本の古典作品(青空文庫にお世話になっています)が少し長く、そのあいだに他の洋書を読んでいった、という形になりました。

 

はじめて読んでみた作家さんも多く、少し開拓できたかなと思っています。まだまだ、素晴らしい作家さん、作品があると思うので、これからも読むのが楽しみです。来月(2月)も寒い日が続きそうなので、お家で温まりながら読書を楽しみたいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!