ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2022年9月読書記録まとめ(読んだ総作品数・ベスト/次点作品など)

みなさん、こんにちは!

 

9月はみなさんどんな本を読みましたか?私の住むイギリスでは、今月後半くらいから肌寒くなってきました。今月も素敵な作品にたくさん出会えました。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

1.読んだ作品数

今月読んだ総作品数:7作品

 

和洋の内訳:和書0作品、洋書7作品

 

※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています。また、外国語の作品を日本語に翻訳したものについては、和書としてカウントしています。

 

2.読んだ作品一覧

Hidden Depth(Vera Stanhope #3)by Ann Cleeves
The comforts of Home   by Susan Hill 
Streets of Darkness(Harry Virdee #1)     by A.A. Dhand 
Telling Tales(Vera Stanhope #2)    by Ann Cleeves 
Slow Horses     by Mick Herron
All Fall Down(Helen Grace #9)      by M.J.Arlidge 
Murder at the Breakers    by Alyssa Maxwell 

 

3.ベスト・次点作品

私が選ぶ今月のベスト:All Fall Down(Helen Grace #9)      by M.J.Arlidge 

次点:Telling Tales(Vera Stanhope #2)    by Ann Cleeves 

 

今月は、ベスト・次点ともにイギリスの警察小説のシリーズ作品から選びました。ミステリとしての面白さに加え、人間関係の深さを描く力や心理描写に引き込まれ、読後も心に残り続ける2作です。

 

4.総括

いかがでしたか?今月も洋書メインになりました。ぜひ、来月のレビューも楽しみにしていただけたら嬉しいです◎