雲川ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Elly Griffiths(エリー・グリフィス)さんの作品一覧

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、イギリスのミステリ作家であるElly Griffiths(エリー・グリフィス)さんの作品を一覧でご紹介します。

 

※2022年10月時点のものです。今後できる限りアップデートしていく予定ですが、すぐに対応できないこともございます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

プロフィール

エリー・グリフィス
彼女のルース・ギャロウェイシリーズは、都会での仕事を捨てて考古学者の訓練を受けたエリーの夫と、ノーフォークの海岸に住む叔母が、姪の頭の中にその地域の神話や伝説を詰め込んだことにインスピレーションを受けている。エリーには二人の子どもがおり、ブライトン近郊に住んでいる。

 

作品一覧

・長編のシリーズ作品、およびシリーズ以外の作品を掲載しています(ノンフィクションやアンソロジーなどは除いています)
・()内は出版年です。

 

Brighton Mysteries Books
The Zig Zag Girl     (2014)    
✓Smoke and Mirrors     (2015)    
私のレビューはこちら↓

ybook.hatenablog.com

The Blood Card     (2016)    
The Vanishing Box     (2017)    
Now You See Them     (2019)    
The Midnight Hour     (2021)    


Ruth Galloway Books
The Crossing Places     (2009)
✓私のレビューはこちら↓

ybook.hatenablog.com


The Janus Stone     (2010)    
The House at Sea's End     (2011)    
A Room Full of Bones     (2011)    
Ruth's First Christmas Tree     (2012)    
A Dying Fall / Tomb of the Raven King     (2012)    
The Outcast Dead     (2014)    
The Ghost Fields     (2015)    
✓The Woman in Blue     (2016)
私のレビューはこちら↓

ybook.hatenablog.com

 


The Chalk Pit     (2017)    
The Dark Angel     (2018)    
The Stone Circle     (2019)    
The Lantern Men     (2020)    
The Night Hawks     (2021)    
The Locked Room     (2022)    
The Last Remains     (2023)    


Justice Jones Books
A Girl Called Justice     (2019)    
The Smugglers' Secret     (2020)    
A Ghost in the Garden     (2021)    


Harbinder Kaur Books
The Stranger Diaries     (2018)    
The Postscript Murders     (2021)    
Bleeding Heart Yard     (2022)    


Standalone Novels
The Italian Quarter     (2004)    
The Eternal City     (2005)    
Villa Serena     (2007)    
Summer School     (2008)

 

以上です!