ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Brandon Sanderson(ブランドン・サンダースン) “Hero of Ages” あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Brandon Sanderson(ブランドン・サンダースン) さんの“Hero of Ages”という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210303231029j:plain



作品概要
著者について

ブランドン・サンダースン

1975年にネブラスカ州リンカーンで生まれました。ファンタジー、SF、スリラーなど、幻想的な物語を主に書いています。受賞資格が二年しかないジョン・W・キャンベル新人賞に、二年ともノミネートされた経歴を持っています。現在、妻と子どもたちと一緒にユタ州に住んでおり、大学でクリエイティブライティングも教えています。

 

本の概要


・ISBN:9780765316899
・出版年:2008年10月
・出版元:Tor Books
・ジャンル:ファンタジー
・ページ数:544ページ(ハードカバー)
・シリーズ:Mistborn #3

 

あらすじ

アセンションの井戸を閉じようとして悪霊ルインを解放してしまった新皇帝エレンド・ベンチャーとその妻である刺客ヴィンは、世界を救うために奔走することになる。

 

感想

ミストボーン三部作、たしか第一冊目を読みはじめたのが、一月くらいだったと思います。なかなか普段読まないファンタジーであることに加え、一冊一冊が非常にボリュームのある作品で、すべて読み終るのに多くの時間がかかってしまいました。

 

シリーズものもあまり読んでいなかったこともあり、読後は達成感でいっぱいになりました。ブランドン・サンダーソンが魔法使いのように、独自の世界観を生み出す才能をの持っているのだということを強く感じました。たとえば、マーベルなど、ひとつの宇宙と言ってもいいような大きな世界を、シリーズをとおしてゆっくりと築いていったのだと感じましたまた、だからこそ彼はゆっくりと、そして確実に、彼のライティングスタイルと彼の語る物語を絶対的に支持する熱狂的なファンを集めているのだとわかりました。

 

また、彼の創造性は本当に素晴らしいと思いました。3作、すべての作品で、現実感があり、生き生きとした、歴史を感じさせる世界を作り上げる能力を発揮して、私を驚かせてくれました。彼が生み出した世界は、創造性に富み、よく考え抜かれていて、まさに最高のファンタジーのあるべき姿だと思いました。

 

一言キャッチフレーズ

壮大な物語が、ついに幕を閉じる


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★☆☆(3/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!