ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Joseph Finder “House on Fire” あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Joseph Finder “House on Fire”という作品をご紹介します。

 

 

f:id:yuzubook:20210311221626j:plain

 


作品概要
著者について

ジョセフ・ファインダー

幼少期にアフガニスタンやフィリピンなど世界各地で生活し、複数の言語を話すことができることでも知られるファインダー。幼い頃から、見知らぬ人たちに囲まれ、非常にストレスの多い環境に置かれていましたが、最終的には、家族はニューヨークの郊外に定住しました。

 

本の概要


・ISBN-13:978-1838930530
・出版年:2020年
・出版元:Head of Zeus
・ジャンル:ハードボイルド、サスペンス、ミステリ
・ページ数:464ページ(ハードカバー)
・シリーズ:ニックヘラーシリーズ #4
・英語の難易度、特徴:アメリカ英語です。会話が多めなので、テンポよく読めます。薬事関係の用語が出てきます。
・テーマ、キーワード:薬、薬事、製薬会社、ビジネス、親子関係、企業戦略
・おすすめする人:アメリカらしいハードボイルドの世界を楽しみたい方

 

あらすじ

私設スパイのニック・ヘラーは、権力者が隠しておきたい秘密を暴く。

オピオイド中毒に苦しんだ陸軍の親友ショーンの葬儀の場で、見知らぬ女性がニックに仕事を持ちかける。その女性は、アヘンで巨万の富を築いたキンバル一族の一員だった。彼女は、キンバル製薬が最大の収益源であるアヘン薬に危険な中毒性があることを知っていた証拠を明らかにするため、内部告発者になりたいという。

ニックは即座に同意するが、すぐにキンバル製薬の家長の罪はほんの始まりに過ぎないことに気づく。一族の陰謀と企業の致命的な策略が絡み合った、ねじれたストーリーが展開する。

 

感想

はじめてJoseph Finderさんの作品を読みました。そして、久しぶりのハードボイルド小説でしたので、このテンポの良さがとても心地よく読みやすかったです。

本の内容もとても面白く、読む前に持っていた期待を大きく上回っていました。緊張感や臨場感のあるすばらしいミステリー・スリラーで、新しい作家に出会うことができてよかったです。この本はNick Hellerシリーズの4作目ということですが、単独で読んだ私でも楽しめました。また、同シリーズの他作品や、同じ作者の別の作品も読んでみたいと思いました。

 

一言キャッチフレーズ

家族が守りたいものは、何だったのか


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!