ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Richard Osman(リチャード・オスマン) “The Thursday Murder Club” あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Richard Osman(リチャード・オスマン)さんの “The Thursday Murder Club” という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210222222932j:plain

 

作品概要
著者について

 

リチャード・オスマン

作家、プロデューサー、テレビ司会者として活躍しています。“The Thursday Murder Club” は彼の最初の小説です。彼は、ポイントレスとリチャード・オスマンのゲームの家を含むテレビ番組でよく知られています。また、クリエイティブ・ディレクターとして、数多くの番組でエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。そのほか、ゲーム番組の常連でもあります。

 

本の概要


・ISBN:9780241425442
・出版年:2020年
・出版元:Penguin Books Ltd
・ジャンル:ミステリ、ユーモア
・ページ数:400ページ(ハードカバー)
・英語の難易度、特徴:イギリス英語、やや難しめ、洒落た表現やイギリス英語らしい表現が多用されています
・テーマ、キーワード:コージーミステリ、アマチュア探偵、ユーモラス、警察捜査
・おすすめする人:イギリスらしいミステリの雰囲気を味わいたい方、イギリスがお好きな方

 

あらすじ

 

それは、私がランチをしていたときのことです。これは、2、3ヶ月前のことで、シェパーズパイだったので、月曜日だったはずです。私が食べているのを見ていたエリザベスは、もし不都合でなければ、ナイフの傷について質問したいといいました。

 

私は、「もちろん、どうぞ」などと答えました。私は、いつもすべてを正確に覚えているわけではないことは、今のうちに言っておいた方がいいかもしれません。彼女はマニラフォルダーを開いて、私はタイプされたシートと古い写真のようなものを見た。そして、彼女は話題に真っ先に入っていきました。

 

エリザベスは私に、少女がナイフで刺されたと想像してほしい、と言いました。どんな包丁で刺されたのかと聞くと、エリザベスは普通の包丁だと答えました。ジョン・ルイスーー彼女はそうは言いませんでしたが、私が想像したのはそうでした。

 

平和なリタイアメント・ビレッジで、4人の友人が週に一度、未解決の殺人事件を捜査するために集まっていました。"木曜殺人クラブ "という名前で。

 

しかし、地元の不動産開発業者の死体が発見されたとき、"木曜殺人クラブ "は、彼らの最初の事件の真っ只中にいることに気づきます。

 

エリザベス、ジョイス、イブラヒム、ロンの4人の友人ーーこの型破りだが優秀なギャングーーは、手遅れになる前に、事件の犯人を捕まえることができるのでしょうか?

 

 

感想

この作品は、未解決事件を解決するために毎週集まっているリタイアメント・ビレッジの友人たちの物語です。地元の町で殺人事件が発生すると、彼らは自然と集まり、自分たちで事件を解決しようとします。

 

私がこの小説で好きなところは、構成や文体の感性のレベルの高さです。ユーモラスなものと、胸が痛むもののあいだを難なく行き来しながら、高齢者が抱える現実の問題をニュアンスを含む形で扱っていました(奇抜なプロットにもかかわらず)。

  

この小説にのめり込むまでには少し時間がかかり、個人的に最初はとっつきにくさがありましたが、チームが新たな情報を見つけ出していく中で起こる紆余曲折の数の多さに、読者として本当にハラハラドキドキしてしまいました。

 

キャラクターでは、ジョイスとエリザベスがとくに魅力的でした。なかでもエリザベスは、チャーミングでユーモラスで勇敢な人物でした。時に彼女は無邪気に見えますが、与えられたあらゆる機会に身を投じる姿は、おたがいいにとってどれほどの意味を持つかを示していると思いました。

 

 

一言キャッチフレーズ

この4人、あなどることなかれ


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!