ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Shari Lapena(シャリ・ラペナ) “The End of Her” あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Shari Lapena(シャリ・ラペナ)さんの “The End of Her” という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210127205356p:plain


作品概要
著者について

シャリ・ラペナ

カナダ出身の国際的なベストセラー作家で、2016年出版の「The Couple Next Door」が最も有名な作品です。小説家に転向する前は、弁護士と英語教師をしていました。現在トロント在住です。

 

本の概要

 

・ISBN-10 ‏ : 1787632997
・ISBN-13 ‏ : 978-1787632998
・出版年:2020年
・出版元:Bantam Press
・ジャンル:心理スリラー、サスペンス
・ページ数: 352ページ(ハードカバー)
・英語の難易度、特徴:章や文が短くきれがいいため、読みやすい。難解な単語や表現はほどんどなし(一部法律用語(裁判関係など)が出てきます)。
・テーマ、キーワード:郊外、家庭、過去の秘密、裁判、脅迫、養子
・おすすめする人:さらりと読める心理スリラーを読みたい方

 

あらすじ

それは、ある衝撃的な告発から始まる...…。

ステファニーとパトリックは結婚したばかりで、生まれたばかりの双子がいる。ステファニーは睡眠不足による混乱に悩まされていた。

そんなとき、彼の過去の女性がやってきて、最初の妻について衝撃的な告発をする。彼はずっと前妻の死を事故だと主張していたが、彼女は殺人だったと言うのだ。

パトリックは、自分は無実であり、これは脅迫の企てに過ぎないと主張する。しかし、パトリックは真実を語っているのだろうか?それとも、ステファニーはとんでもない過ちを犯してしまったのか?

果たしてどのような結末が待っているのか。

 

感想

大好きなシャリ・ラペナさんの作品はこれまでにもいくつか読んできました。どれも満足度が高く、私の好みにぴったりだったので、今作「The End of Her」も楽しみに読みはじめました。

 

個人的に彼女のベストではないなあ、と感じましたが、それでも終始緊張感があり、「郊外の家庭」という彼女の得意な設定で、読者に物語を身近に感じさせているなあと思いました。エリカという女性が出てきて、この人のせいで多くの人が困難に陥るのですが、最後の方を読んでいくと、エリカを完全に「悪」とはできないかも、と思いました。内容の核心に触れてしまうので書きませんが、エリカを100%責められるのって、数人いるかいないか、かなと。

 

そして、緊張感と危機感が続くこの作品は、構成こそ違えど、リチャード・ハルやフランシス・アイルズの倒叙ものを思い起こさせました。各章も一文も短く、さくさく読める素敵な作品です。ぜひ、お手に取ってみてくださいね。

 

一言キャッチフレーズ

過去の秘密は、静かに眠らない。


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!