ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Wilkie Collins "Woman in White" あらすじ・感想(ウィルキー・コリンズ『白衣の女』原作)

こんにちは!

今回はWilkie Collinsさんの "Woman in White" という作品をご紹介します。ウィルキー・コリンズ『白衣の女』の原作です。

 

 

f:id:yuzubook:20210310175655j:plain


作品概要
著者について

ウィルキー・コリンズ

1851年3月にチャールズ・ディケンズと出会ってから、1870年6月にディケンズが亡くなるまで親友だったウィリアム・ウィルキー・コリンズは、ヴィクトリア朝の小説家の中で最もよく知られ、最も愛され、一時は最高の報酬を得ていた一人です。しかし、彼の死後、ディケンズの開花に伴い、彼の評価は低下していきました。

現在、彼は50年前に比べて、批評家や一般の人々の注目を集めています。彼の本はほとんどが出版されており、すべてが電子テキストになっています。また、コリンズは広く研究されており、いくつか映画、テレビ、ラジオ版が新たに制作されています。しかし、このヴィクトリア朝小説のスーパースターについては、まだ多くのことが解明されていません。

1824年、ロンドンのメリルボーンに生まれたコリンズは、1835年に家族によってメイダ・ヒル・アカデミーに入学させられましたが、1836年から1838年にかけてフランスとイタリアに連れて行かれました。イギリスに戻ったコリンズは、コールの寄宿学校に通い、1841年に学業を終えた後、ストランドの紅茶商アントロブス・アンド・カンパニーに弟子入りしました。

1846年、コリンズはリンカーンズ・インで法律を学ぶ学生となり、1851年には弁護士に召喚されましたが、一度も開業することはありませんでした。父の死から1年後の1848年には、初の著書「The Memoirs of the Life of William Collins, Esq, R.A.」を出版し、高い評価を得ました。

1860年代は、コリンズの創作活動が最高潮に達した時期であり、4つの主要な小説で、名声と批評家の称賛を得ました。「The Moonstone」は、ポーではなくコリンズが考案したジャンルで、T.S.エリオットは「現代イギリスの探偵小説の中で、最初の、最も長い、そして最高の......」と評しており、真の探偵小説の先駆けとなったと多くの人が考えています。

 

本の概要


・出版年:1859年
・ジャンル:探偵小説

 

あらすじ

若き美術教師ウォルター・ハートライトは、ロンドンで迷子になっていた全身白装束の謎めいた悩める女性に出会い、道案内をする。後に警察官から、彼女は精神病院から逃げ出したと知らされる。その後、友人のイタリア語教師ペスカの勧めで絵の先生としてカンバーランドのリムメリッジ・ハウスに行くことになる。リマリッジ家には、病人のフレデリック・フェアリーとウォルターの生徒たちがいる。フェアリー氏の姪であるローラ・フェアリーと、彼女の献身的な異母姉であるマリアン・ハルコム。ウォルターは、ローラが白衣の女性に驚くほど似ていることに気づく。白衣の女性は、家の中ではアン・カザリックという名前で知られている。かつてリムメリッジの近くに住んでいた知的障害のある子供で、ローラの母親が彼女に初めて白衣を着せて献身的に世話をしたという。

 

感想

長い作品でした。日本語翻訳版も有名な今作、いつか読みたいとずっと思っていました。なかなか先に進まず、いつ読み終るかな~と思っていましたが、読み応えたっぷりでした。

 

詳しくは書けないのですが、現代にも通じるトリックが隠されていて、それが19世紀に書かれたというのがすばらしいなと思いました。きっとこれがミステリの発展に大きく影響を与えたのだろうと。そして、英国ミステリ史をもっと知りたいと思いました。

 

また、キャラクターについては、ウォルターが英国紳士だなあと。マリアンも素敵でした。個人的にはローラよりマリアンの方が感情移入しやすいかなと。マリアンにも幸あれ、と思ってしまいます。

 

一言キャッチフレーズ

現代にも残るトリックをお楽しみあれ


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!