ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【おすすめ】マーケティングに役立つ行動心理学を学べるおすすめの本15冊

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、マーケティングにも役立つ、行動心理学を学べるおすすめの本をご紹介します。コンテンツマーケティングをしているけれど、なかなかうまくいかない……そんな悩めるみなさま必見の本ばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

f:id:yuzubook:20210424190404j:plain

 

行動心理学が学べる本17冊

 

行動分析学入門 ヒトの行動の思いがけない理由

おすすめポイント:タイトルの通り、人がどのように、なぜ、行動するのかということをアカデミックかつわかりやすく解説しています。

私のレビューはこちら

 

経済は感情で動く~はじめての行動経済学~

おすすめポイント:人がどのようにして感情に左右され、行動するのか、まさにタイトル通りの内容です。行動心理学をこれから学んでみたいという方におすすめです。

 

今日から使える行動心理学

おすすめポイント:イラスト付きで解説されているので、文章ばかり読むのはツライ……という方にもおすすめです。まずはさくっと概要を知りたい方にもぴったりの一冊です。

 

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

おすすめポイント:本は苦手だからまずはマンガでさくっと知りたいという方におすすめなのがこちら。入門書としても必見です。

 

『欲しい』の本質~人を動かす隠れた心理『インサイト』の見つけ方

おすすめポイント:人の”ほしい!”という心理であるインサイトについて、その説明だけでなくそれをどのように創出するのか、創出できるのかについても詳しく書かれた名著です。

 

ファスト&スロー(上・下)

おすすめポイント:認知心理学者で、プリンストン大学の名誉教授としても有名なダニエル・カーネマン氏の著書。人間が普段どのように物事を判断しているのかをわかりやすく紹介しています。

 

ガブッ!とわかる世界一やさしい行動経済学の教室

おすすめポイント:日常の行動に潜むあらゆる「なぜ?」を解説しています。わかりやすい学術書を探しているという方におすすめです。

 

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」

おすすめポイント:タイトルの通り、人をどのように動かすのかをわかりやすく教えてくれる一冊。幅広くコミュニケーションについて学びたい方にもおすすめです。

 

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

おすすめポイント:行動経済学の第一人者としても有名なデューク大学教授のダン・アリエリー氏の著書。事例を使って紹介してくれているので、とてもわかりやすいです。

 

選択の科学

おすすめポイント:選択についてあらゆる角度から解説しています。ビジネスにも、自分の人生にも、きっと役立つはずです。

 

実践 行動経済学

おすすめポイント:2017年のノーベル経済学賞受賞したリチャード・セイラー氏のベストセラー著書。事例を使ってわかりやすく解説されています。

 

「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるためのインサイト実践トレーニング

おすすめポイント:特にお仕事でインサイト発掘をしたい方、そんな担当になっている方におすすめです。

 

行動分析学マネジメント 人と組織を変える方法論

おすすめポイント:マネジメント、とタイトルにある通り、ご自身が組織やグループをまとめる立場にある方に特におすすめです。

 

人は悪魔に熱狂する~悪と欲望の行動経済学~

おすすめポイント:学術的に、体系的にしっかり学ぶ、というよりまず概要を知りたいという方におすすめなのがこちら。さらっと読める手軽さも◎

 

 

マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

おすすめポイント:行動心理学というよりはマーケティングよりの本ですが、これを読んでいるのと読んでいないのとではその後の行動や考え方に差がでるはず。

 

おわりに:行動経済学と一緒に学びたい分野

せっかく行動経済学を学んでいる・学びたいと思っているのであれば、あわせて経済学やマーケティング、コピーライティングなども勉強すると相乗効果が期待できます。ぜひ、あわせてチェックしてみてくださいね。

 

 

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました!