ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

秋元雄史『武器になる知的教養 西洋美術史鑑賞』概要・レビュー

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、秋元雄史『武器になる知的教養 西洋美術史鑑賞』という作品をご紹介します。



本の概要


・ISBN:4479393153
・出版年:2018年
・出版元:大和書房
・ジャンル:美術史、西洋美術史、教養、アート
・ページ数:240ページ

概要

厳選名画をヒントに、西洋美術の「革命」がわかる。ルネサンス、印象派、抽象画、ポップ・アートまで。現代を生きる大人の新しい必須知識!「この絵、いいね」以上が語れる。(Amazonより引用)

 

感想

これまでも西洋美術史に関する本はいくつか読んできましたが、忙しい方に一番おすすめできるのはこちらかなと思います。古代からじっくり解説、というよりは、西洋美術史において重要、またはターニングポイントとなる作品を厳選しているからです。

 

そして、解説も絵画技法と歴史・文化的背景にわかれているので、理解しやすいです。紹介されている絵はどれも有名で、日本でも展覧会などで扱われる作家も多いので、入門書としても最適だと思います。

 

これを読んだあとに絵を見たら(できれば実物を)、なんとなくいいな~という感覚から一歩進んだ味方ができると思いました。おすすめです。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!