ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【ロンドン・オックスフォード・ケンブリッジなど!】イギリスが舞台のミステリー洋書小説おすすめ24冊

こんにちは!

 

イギリスは、今も昔もミステリー小説の宝庫。コナンドイルやアガサクリスティーなど、誰でも一度は名前の聞いたことのある作家を生み出し、今でもたくさんのミステリー作家がいらっしゃいます。

 

そして、それらのミステリー作品は、イギリスの各地が舞台となっていることが多いのも特徴。今回は、舞台となったイギリスの場所ごとに、おすすめのミステリ作品(古典作品は除く)をご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210309192357j:plain

 

1.ロンドン(London)

The Word is Murder by Anthony Horowitz

あらすじ:

彼女は自分の葬儀を計画した。しかし、彼女は自分を殺したのだろうか?

埋もれた秘密、殺人、そして血塗られた手掛かりが、アンソニー・ホロヴィッツのページをめくるような新探偵シリーズの中心にある。

 

2.マンチェスター(Manchester)

Next to Die by Neil White

あらすじ:

ジョー・パーカーはマンチェスターで最も独創的な刑事弁護人。

サム・パーカーはマンチェスターで最も粘り強い殺人課の刑事。

二人とも、15年前に起きた妹の未解決殺人事件を背負っている。

そして、マンチェスターを根底から揺るがす新たな連続殺人事件にも関わっている。

ロニー・バグリーは、ガールフレンドと赤ん坊を殺害した罪で裁判を待っている。出廷を2週間後に控えた彼は、突然弁護団を解雇し、自分を弁護してほしい弁護士は一人しかいないと主張する。ジョー・パーカーだ。このような奇妙な状況で事件を引き受けることに不安を感じながらも、ジョーは弁護を引き受けることにする。しかし、バグリーは賢く、やがてジョーは、実の兄であるサムと、これまで街で見たこともないような恐ろしい連続殺人犯を出し抜くために対決することになる。

 

 

The Sleepwalker by Joseph Knox

あらすじ:

連続する停電で街が暗闇に包まれる中、エイダン・ウェイツ刑事は廃墟となった病棟で大量殺人犯がゆっくりと死んでいくのを見ていた。通常の夜勤業務から保護拘置に移された彼の仕事はただひとつ...。

悪名高い大量殺人犯が亡くなる前に、マーティン・ウィックの最後の犠牲者の居場所を聞き出すこと。

ウィックは10年以上もの間、刑務所の中でほとんど沈黙を守っていた。彼は国民に衝撃を与えた言語を絶する犯罪を告白し、「スリープウォーカー」というニックネームを得た。

しかし、大胆な計画的攻撃により、1人の警察官が死亡し、もう1人の警察官が命を狙われているとき、ウィックの囁くような最後の言葉が、ウェイツを闇の中心へと旅立たせることになる...。

寡黙な過去のサイコパスに操られ、新しいパートナーであるナオミ・ブラック刑事の捜査を受けながら、ウェイツは無慈悲な契約殺人者が働いていることに気づいたが、それは遅すぎた。

エイダン・ウェイツは正義の味方から逃げる前に最後の事件を解決することができるのか?

 

 

3.リバプール(Liverpool)

The Killing Pool by Kevin Sampson

あらすじ:

ビリー・マッカートニー刑事部長は、リバプールのドック近くの低木地帯で首のない死体を発見する。それは、密告者、警官、敵対するギャングへの裏社会からのメッセージだった。

 

4.バーミンガム(Birmingham)

Truth or Dare by Tania Carver

あらすじ:

ダレン・リチャーズが目を開けると、椅子にダクトテープで固定され、クロスボウが自分に向けられていた。クロスボウの後ろには、黒い顔に丸い目のガスマスクをつけたフード付きの人物がいる。その人物は、ダレンが知っていること、つまり、車を盗み薬物の影響下で無謀な運転をして、女性とその赤ちゃんを殺したことを話している。彼の弁護士は、詭弁を弄して裁判を却下させたので、彼は罪を償っていない。そんなことが許されるはずがないと、この人物は言う。

ダレンは右を向く。隣にはガールフレンドと赤ん坊の娘がいる。二人とも同じように椅子にテープで固定され、猿轡をされています。あなたが死ぬか、彼女と子供が死ぬかだ。だが、誰かが償わなければならない。

 

5.オックスフォード (Oxford)

No Way Out by Cara Hunter 

あらすじ:

クリスマス休暇中のノース・オックスフォードで、燃え盛る家の残骸から2人の子供が救出されたばかりだった。幼児は死んでおり、弟はすぐに命を狙われている。

なぜ2人は家の中に残されたのか?母親はどこにいて、父親はなぜ電話に出ないのか?

そして新たな証拠が発見され、フォーリー警部補の最悪の悪夢が現実のものとなる。

なぜなら、この火災は事故ではなかったからだ。殺人なのだ。

 

6.ケンブリッジ(Cambridge)

Dear Amy by Helen Callaghan

あらすじ:

Margot LewisはThe Cambridge Examiner誌で彼女のアドバイスコラム「Dear Amy」をもっている。様々な種類の手紙が寄せられるが、彼女が今受け取ったような手紙はこれまでなかった。

親愛なるエイミー。
私は自分がどこにいるのかわかりません。私は誘拐されて、見知らぬ男に監禁されています。殺されるのではないかと思っています。
どうか早く助けてください。
ベサン・エイブリー

ベサン・エイブリーは何年も前から行方不明になっている。これはきっと何か残酷ないたずらなのだろう。しかし、多くの手紙が届くにつれ、公開されていない情報が含まれていることがわかる。なぜこんなことが起こるのか?この質問に答えることは、マーゴットのすべてを犠牲にすることになる...。

 

7.ノッティンガム(Nottingham)

Shallow Waters by Rebecca Bradley

あらすじ:

身元不明のティーンエイジャーの殴られた死体が路地に捨てられているのが発見され、検死の結果、一連の悲惨な事件の証拠が見つかる。

同じ手口で10代の若者が殺されたことで、ノッティンガム市警重大犯罪課のハンナ・ロビンス警部補と彼女のチームは、限界まで、そして国境を越えて奮闘することになる。時間との戦いの中で、彼らは死の裏に隠された真実を明らかにするために、厚い嘘と偽りの網を解き明かそうとする。

 

Darkness, Darkness by John Harvey

あらすじ:

30年前、イギリスの鉱山労働者のストライキは、隣人と隣人、夫と妻、父と息子の対立を引き起こし、イギリスを引き裂こうとしていたが、今でもその恨みは消えない。チャーリー・レズニックは警部に昇進したばかりで、ストライキで使われた警察戦術の一部には疑問を感じていたが、ストライキの中心となる監視部隊を指揮していた。しかし、ストライキ中に失踪した若い女性の遺体が発見されたことで、レズニックは再び前線に戻り、女性の殺人事件の捜査を手伝うことになる。

 

8.ピーターバラ(Peterborough)

Long Way Home by Eva Dolan

あらすじ:

郊外の庭の物置で男が生きたまま焼かれる。ピーターバラのヘイトクライムユニットからジギック警部補とフェレイラ警部補が呼ばれ、殺人事件を捜査することになった。犠牲者はすぐに移民労働者であることが判明し、何人かの人が死んでほしいと思っていた人物であることが判明する。放火犯として有罪判決を受けた極右団体のメンバーが出所したばかりであり、また、死んだ男が町で最も有名なスラム街の地主と争っているのを見たという目撃者もいる。

 

9.ノーフォーク(Norfolk)

The Betrayals by Fiona Neill  

あらすじ:

ロージー・ランキンの親友が彼女の夫と不倫したことで、その結果は2つの家族の生活にまで影響を及ぼした。

人間関係は引き裂かれ、友情は打ち砕かれ 、子供のような無邪気さが破壊される。

娘のデイジーは、現実を受け入れられずにいたが、ある手紙が届いたことで古傷が開き始めた。ロージーの10代の息子マックスは、あの暑い夏に起こったすべてのことについて自分を責めている。

 

10.コーンウォール(Cornwall)

The Death of Mrs Westaway by Ruth Ware

あらすじ:

ある日、ハルのもとに多額の遺産を託す謎の手紙が届く。タロットカードリーダーとして磨いてきたコールドリーディングのスキルがあれば、遺産を手に入れることができるかもしれない。

やがてハルは、故人の葬儀に参列することになるのだが、そこで彼女は、この奇妙な状況とその中心にある遺産に、何か非常に大きな問題があることに気づくのだった...。

 

11.ブライトン(Brighton)

The Brighton Mermaid by Dorothy Koomson 

あらすじ:

10代のネルとジュードは若い女性の遺体を発見し、誰も引き取りに来なかったため、彼女はブライトンの人魚として知られるようになる。3週間後、ジュードが失踪したとき、ネルはまだ前を向くことができずにいた。

25年後、ネルはブライトンの人魚姫の正体と、あの夏に親友に起こったことを知るために、仕事を辞めざるを得なくなる。

しかし、ネルが真実に近づくにつれ、危険なことが起こり始める。誰かが彼女の一挙手一投足を監視しているようで、やがて彼女は誰を信じていいのか悩み始める...。

 

Dead Simple by Peter James

あらすじ:

それは無害なスタグナイトの悪戯のつもりだった。数時間後、マイケル・ハリソンは姿を消し、彼の友人たちも死んでいた。失踪した妻の影に悩まされていたロイ・グレース警視正は、マイケルの美しい婚約者、アシュリー・ハーパーから連絡を受ける。

グレースは、マイケル・ハリソンの居場所を知るべき人物が何も語らないことに気づく。ひとりの男の災難は、もうひとりの男の幸運なのだ。

 

12.ブリストル(Bristol)

The Chosen Dead by MR Hall

あらすじ:

ありえない自殺か、それとも致命的な陰謀か?ブリストルの検視官ジェニー・クーパーは、高速道路の橋から男性が落下して死亡した事件を捜査していたが、友人の13歳の娘が致死性の髄膜炎で突然死したこととの関連性はほとんど疑っていなかった。しかし、ジェニーは死んだ男の最後の日々を解明していくうちに、何十年も前にさかのぼって広がるミステリーに引き込まれていく。奔放な人間の野心と堕落した科学的努力の不吉な領域を調査する中で、ジェニーは身近な人々の愛と命を危険にさらすことを余儀なくされ、真実を明らかにするための命がけの競争が始まる。

 

13.リーズ(Leeds)

Dark Briggate Blues by Chris Nickson

あらすじ:

致命的なゲームの中で、Markhamはクライアントと自分の命を守るために戦わなければならない。彼が頼りにするのは、自分の知恵と、国家公務員として軍の情報機関で働いていたときに身につけた錆びついた技術だけだ。しかし、リーズの隅々にまでスパイを張り巡らせ、ホワイトホールにまで手を伸ばしている殺人鬼に、彼は対抗できるだろうか?

 

14.ニューカッスル(Newcastle)

The Murder Wall by Mari Hannah

あらすじ:

静かな町で起きた残忍な二人の殺人事件を発見してから11ヶ月、ケイト・ダニエルズ警部補は事件を解決できなかったことを未だに引きずっている。そんな折、ニューカッスルの波止場で男性が惨殺されたことで、ダニエルズは事件を正すチャンスを得て、上級捜査官として初めての事件に臨む。

しかし、ダニエルズが死体に気付いたにもかかわらず、その事実を公表しなかったため、彼女の私生活が仕事にまで影響を及ぼしてしまう。しかし、さらに悪いことに、彼女は今、監視されている。

ダニエルズが殺人者の発見に近づく一方で、殺人者は次の犠牲者を出すのに一息ついていた...。

 

 

 

15.ブラッドフォード(Bradford)

Streets of Darkness by A A Dhand

あらすじ:

ブラッドフォードの空は不吉な予感に満ちている。いつものことだ。しかし、今朝はその理由がある。今朝、死体が発見された。そしてそれはただの死体ではない。

ハリー・バーディー刑事は 妻と家にいるはずだった。ちょうど今年最大の事件が 彼のデスクに舞い込んできたところだった。

自分の名誉を回復しようと決意したハリーは、悪名高い前科者であり第一容疑者であるルーカス・ドワイトを探すために影に隠れなければならなくなった。しかし、殺人の動機が、不安定な街を暴動のような無秩序な状態に陥れる恐れがあるため、ハリーは自分の先入観を覆し、法の反対側にいることの意味を知ることになる...。

 

16.湖水地方(Lake District)

The Mistake I Made by Paula Daly

あらすじ:

シングルマザーのロズは限界を迎えていた。結婚を解消した後、ロズは仕事がうまくいかなくなり、借金がかさみ、家賃は(また)遅れ、学校で悪さをし始めた9歳の息子を養うのに苦労している。ロズは困っている。

 

17.サウサンプトン(Southampton)

The Child by Fiona Barton

あらすじ:

夕刊に掲載された1段落で、何十年も前の悲劇が明らかになっても、ほとんどの読者は目を通すことはない。しかし、3人の見知らぬ人にとって、それは無視することができない。

ある女性にとっては、自分の身に起こった最悪の出来事を思い出させるもの。

もう一人の女性にとっては、彼女の最も暗い秘密が発見されようとしているという危険な可能性を示している。

そして3人目のジャーナリストにとって、それは真実を明らかにするための最初の手掛かりとなる。

 

 

18.エディンバラ(Edinburgh)

Even Dogs in the Wild

あらすじ:

ジョン・リーバスに定年は似合わない。彼は趣味や休暇、家の修繕などには向いていない。警官であることは彼の血筋である。

だから、シボーン・クラーク警部補からある事件への協力を依頼されたとき、リーバスはすぐに自分の選択肢を考えた。

 

19.グラスゴー(Glasgow)

The Red Road by Denise Mina

あらすじ:

刑事のアレックス・モローは、これまで多くの不愉快な人物と出会ってきたが、武器商人のマイケル・ブラウンは、彼女が知る犯罪者の中でも最も残忍で傷つきやすい人物の一人だった。モローはブラウンの裁判で証人を務めているが、そこでは彼が販売した銃から見つかった彼の指紋が事件の鍵を握っている。

 

20.ベルファスト(Belfast)

Rain Dogs by Adrian McKinty

あらすじ:

ショーン・ダフィーにとっては、暴動取締り、失恋、解決できるのに裁判にかけられない事件など、同じことの繰り返しだ。しかし、1つのキャリアで2つの密室ミステリーを担当する刑事がいるだろうか?

 

21.カーディフ(Cardiff)

Rubbernecker by Belinda Bauer

あらすじ:

死者は我々と話すことができない、とマドック教授は言っていた。しかし、それは嘘だった。解剖学の授業でパトリック・フォートが診ている死体は、彼にいろいろなことを伝えようとしている。しかし、誰も彼の話を聞かないし、彼が話そうとしても誰も理解しない。アスペルガー症候群の医学生であるパトリックにとって、人生はすでに十分に奇妙なものであり、困難はつきものだった。さらに、殺人事件の可能性を解決する前に、誰も犯罪の発生を信じていない状況に直面します。謎を解き明かすためには、危険な目に遭わないようにしなければならない。しかし、パトリックは死んだ男からひとつの真実を学ぶうちに、身近なところにも多くの嘘があることに気づく。

 

 

以上です!いかがでしたか?ご自身が行ったことのある都市、好きな街などはありましたか?ぜひ手に取ってみてくださいね。