ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2020年12月読書記録まとめ(読んだ総作品数・ベスト/次点作品など)

こんにちは!


今回は、2020年12月の読書のまとめをしたいと思います。

12月というと、クリスマスですが、イギリス政府が出した規制や、昨今の状況を踏まえ、2020年は夫の実家に行くことはせず、オンラインでクリスマスに話しました。もちろん日本にも気軽には行けず……。日も短い12月、気分が落ち込みがちですが、本にたくさん救われました。 

 

f:id:yuzubook:20210121224209j:plain



1.読んだ作品数

 

今月読んだ総作品数:7作
(※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています)
和洋の内訳:和書2作、洋書5作

 

11月とおなじ結果となりました。これが自分にとっていいバランスなのかもしれません。和書はどうしても青空文庫で読むものが増えてしまいます。日本に行ける日が待ち遠しいです。

 

2.それぞれの作品


①Peter James “Not Dead Enough”

②Anthony Horowitz “Moonflower Murders”

③Peter James “Dead Man’s Footsteps”

④江戸川乱歩『火星の運河』

⑤R. Austin Freeman “The Mystery of 31 New Inn”

⑥山本周五郎『雨あがる』

⑦Stuart Turton “The Seven Deaths of Evelyn Hardcastle”

 

3.ベスト・次点作品


私が選ぶ今月のベスト:Moonflower Murders by Anthony Horowitz
次点:Dead Man’s Footsteps by Peter James

 

4.総括


総作品数は、7作と、先月(2020年11月)と同じ結果となりました。和書と洋書の内訳も同じという……(笑)これくらいが自分にとって、ちょうどよい読書ペースなのかなあと思います。もちろん、多ければいい、少ないからだめ、ということはまったくないと思っています。

読んだ作品のジャンルは、またまた好きなミステリに偏ってしまいましたが、どの作品もすばらしく、充実した読書ライフを過ごすことができました。

 

また、和書に関しては、山本周五郎さん、やっぱり味があっていいなあと思いました。現代にこそ、読みたい作家の一人ではないでしょうか。忘れかけている人情や、おもいやり、本当の意味のやさしさとはなにか?ということを、説教がましくなく、しかししっかりと読者に教えてくれているような気がします。

もうすぐ今年の総まとめをしようと思っているので、それも楽しみです^^