ゆずの本棚

書評・おすすめ本紹介とイギリス生活について発信しています!

ジャック・ロウデン(Jack Lowden)のプロフィール・出演作品・魅力など

こんにちは!

 

今回は、私の好きな英国俳優の一人である、ジャック・ロウデン(Jack Lowden)さんについてご紹介します!

なお、出演作品については記事執筆時(2021年3月)のものとなります。随時追加していく予定ですが、あらかじめご承知おきください。

 

 

f:id:yuzubook:20210311221626j:plain

1.ジャック・ロウデン(Jack Lowden)さんのプロフィール

基本情報

生年月日:1990年6月2日

出身:イングランド・チェルムスフォード(育ちはスコットランド)

身長:185cm

日本での愛称:ジャクロ

プロフィール

イングランドのエセックス州チェルムスフォードで生まれ、スコティッシュ・ボーダーズのオクストンで育ちました。ご両親、ジャッキーさんとゴードン・ローデンさんはスコットランド出身です。弟のカルムさんはバレエのソリストとして活躍しています。「メアリー・クイーン・オブ・スコットランド」(2018年)で共演したシアーシャ・ローナンと2017年から交際しています。

 

2011年に名門ロイヤル・スコットランド・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマを卒業。ヘンリック・イプセンの「ゴースト」のオズワルド役で、2014年にイアン・チャールソン賞とローレンス・オリヴィエ賞の助演男優賞を受賞するなど、舞台では主役級の役柄で成功を収めています。テレビや映画への出演を重ねた後、BBCの6時間のミニシリーズ「War & Peace(戦争と平和)」(2016年)のニコライ・ロストフ(ナターシャの兄)役で国際的なスクリーンで大ブレイク。その後も映画などで次々とかつやくしています。

 

2.出演作品

ここからは、ジャック・ロウデンさんの出演作品をカテゴリごとにご紹介します。なお、()は役名です。

 

映画

2014年 '71 (Thompson)

2014年 Ghosts (Oswald) 

2016年 Tommy's Honour (Tom Morris, Jr.)

2016年 A United Kingdom (Tony Benn)

2016年 Denial (James Libson)

2017年 Dunkirk (Collins)

2017年 England Is Mine (Morrissey)

2018年 Calibre (Vaughn)

2018年 Mary Queen of Scots (Lord Darnley)

2019年 Fighting with My Family (Zak Bevis)

2020年 Capone (Crawford)

2020年 Kindred (Thomas)

TBA Benediction (Siegfried Sassoon) 

 

テレビ

2010-11年 Being Victor (Nick Fairclough)

2012年 Mrs Biggs (Alan Wright)

2013年 The Tunnel (Adam Roebuck)

2014年 The Passing Bells (Michael)

2016年 War & Peace (Nikolai Rostov)

2018年 The Long Song (Robert Goodwin)

2020年 Small Axe (Ian Macdonald)

TBA Slow Horses (River Cartwright)

 

舞台

2010–11年 Black Watch (Cammy) 

2012年 Chariots of Fire (Eric Liddell)

2013–14年 Ghosts (Oswald) 

2014年 Electra (Orestes)

2018年 Measure for Measure (Angelo Isabella)

 

3.おすすめ作品

 ここからは、ジャクロが出演しているおすすめ作品をご紹介します!どれも違ったキャラクターで、彼のあらゆる表情が見れますので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

ダンケルク

 

戦争と平和

 

 Fighting with My Family

4.魅力

 私は、ダンケルクを見てジャクロにハマったので、まだまだファン歴は浅いですが、端正なお顔立ちはもちろんのこと、彼の人柄も大きな魅力だと思っています。

ユーモアがありますし、気さくで俳優仲間のお友達も多い印象です。また、彼のインスタグラムもおもしろいので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

5.おわりに

以上です。いかがでしたでしょうか?

ダンケルクでハマった方も、いままで知らなかった方も、ぜひぜひ一緒にジャクロを応援していきましょう!

 

私は、他にも同じカテゴリ内で、英国俳優さん、海外俳優さんの記事を書いていますので、もしご興味があれば、見てみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!