ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【美しい半島が広がる】イギリス・コーンウォールが舞台のミステリー小説5選

こんにちは!

みなさんは、イギリスのコーンウォールと聞いて、何を思い浮かべますか?2021年にG7サミットが行われたことでニュースにも取り上げられたこの地域ですが、実はここが舞台になったミステリー小説もたくさんあるんです!そこで今回は、イギリス・コーンウォールが舞台のミステリ作品のおすすめを5冊ご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210308181935j:plain

 

1.Name to a Face by Robert Goddard

あらすじ:

雇い主に頼まれて、アンティークの指輪をオークションで購入することになったティム・ハーディングは、何年も前に始まった出来事の連鎖を再開しようとしていることに気づかなかった。その指輪は、1707年にシリー島の沈没事故で失われたもの。数世紀後の1999年に再発見されたとき、再びその出現は恐ろしい悲劇と重なっていた。

 

2.Manna From Hades by Carola Dunn

あらすじ:

Eleanor Trewynnは、イギリスのコーンウォールにある小さな漁村、Port Mabynに住む未亡人である。若い頃は、夫と一緒に世界のエキゾチックな場所を旅していた。最近は退職して、地元のチャリティショップを設立している。近くに転勤してきた姪のミーガン・ペンカローは、最近、刑事に昇進した。唯一の欠点は、女性の警察官化を認めない警部補の下で働くことになったことだ。また、警部補はメーガンの叔母エレノアをあまり認めていない。


3.The Death of Mrs Westaway by Ruth Ware

 あらすじ:

ある日、ハルのもとに多額の遺産を託す謎の手紙が届く。タロットカードリーダーとして磨いてきたコールドリーディングのスキルがあれば、遺産を手に入れることができるかもしれない。

やがてハルは、故人の葬儀に参列することになるのだが、そこで彼女は、この奇妙な状況とその中心にある遺産に、何か非常に大きな問題があることに気づくのだった...。

 

4.The Dead Secret by Wilkie Collins

あらすじ:

"ああ、神様!あの心優しい、可愛い若い女性が、どこに行っても幸せを運んできてくれると思うと、私に恐怖をもたらすのです。彼女の哀れみの目が私を見つめるときの恐怖、彼女の優しい声が私に語りかけるときの恐怖、彼女の優しい手が心に触れるときの恐怖!"

 


5.Rebecca by Daphne du Maurier

あらすじ:

孤児だったレベッカのヒロインは、淑女のコンパニオンとして働きながら、自分の居場所を覚えていく。しかし、南フランスに旅行した際、ハンサムな男やもめ、マクシム・ド・ウィンターに出会い、突然の求婚に驚く。華やかなモンテカルロからコーンウォールの海岸沿いにある彼の陰鬱な屋敷、マンダレイに連れてこられた新任のミセス・ド・ウィンターは、マックスが変わってしまったことに気づく。そして、死んだ妻レベッカの記憶は、禁忌とされるダンバース夫人によって永遠に保たれていた... ...。

 

 

以上です!いかがでしたか?

風光明媚なコーンウォールの世界を、ぜひ小説で楽しんでみてはいかがでしょうか?