ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Harlan Coben "The Boy from the Woods (Wilde #1)" あらすじ・レビュー

こんにちは!

今回は、Harlan Coben "The Boy from the Woods (Wilde #1)"という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210311221626j:plain


作品概要
著者について

ハーラン・コーベン

コーベンは、エドガー賞、シャムス賞、アンソニー賞を受賞しており、この3つの賞をすべて受賞した最初の作家です。また、世界中からさまざまな栄誉を受けています。彼の小説「TELL NO ONE」は、同名のフランス映画としてヒットしました。また、エッセイやコラムは多くの出版物に掲載されています。

ハーランはニュージャージー州ニューアークで生まれました。現在は、小児科医である妻のアン・アームストロング=コーベンと4人の子供たちと一緒にニュージャージーに住んでいます。

 

本の概要


・ISBN-10 ‏ : 1538748142
・ISBN-13 ‏ : 978-1538748145
・出版年:2020年
・出版元:Grand Central Publishing
・ジャンル:サスペンス、スリラー、一般フィクション
・ページ数:384ページ(ハードカバー)
・シリーズ:Wilde #1

 

あらすじ

ワイルドと呼ばれる男は、彼自身を含めて誰にとっても謎に包まれている。数十年前、彼は過去の記憶を持たずに森の中で野生的に生きる少年として発見された。警察が徹底的に家族を探したが見つからず、彼は里親に引き渡された。

30年後の今、ワイルドは自分がどこから来たのかわからないまま、再び町外れの森で暮らしている。外でしか居心地がよくない、できれば一人でいたい、人との深いつながりがほとんどない、そんな彼だ。

地元の少女が行方不明になり、テレビで有名な弁護士のヘスター・クリムスタインは、ワイルドと悲劇的なつながりを持っている。一方、元軍人のセキュリティ専門家たちが町にやってきて、さらに別の若者が行方不明になると、事件の影響は平和な郊外の境界をはるかに超えて広がっていく。ワイルドは、これまで馴染めなかったコミュニティに戻らなければならない。そこでは、何百万人もの人々の生活を破壊しかねない秘密を抱えていても、権力者たちは守られている。手遅れになる前に、ワイルドはその秘密を暴かなければならない。

 

感想

Harlan Cobenさんの作品をはじめて読みました。タイトルやあらすじにあるように、「森から来た男の子」「森で生活しているのを発見された男の子」というのはかなりキャッチ―で、興味をそそられるものがありました。面白いプロットと魅力的なキャラクターを備えた、テンポの良い素敵なスリラーでした。しかし、物語の中で起こっていることが多すぎるかなと思いました。そのため、ややタイトルと内容が一致しないかなと思う部分がありました。また、色々な要素が含まれていたため、最後の方まで、何がこの物語の鍵なのか、キーポイントはどこなのか、理解するのが少し難しかったです。

 

また、アメリカらしいといったら語弊があるかもしれませんが、テンポもよく、かっこよく覚えておきたいようなセリフも登場しました。また、ワイルドは謎めいていて、どこかカリスマ性があるキャラクターなので、これ以降のシリーズ作品が楽しみです。

 

 

一言キャッチフレーズ

新たな異類のヒーロー誕生か

 


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★☆☆(3/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Riley Sager "Home Before Dark" あらすじ・レビュー

こんにちは!

今回は、Riley Sagerさんの "Home Before Dark"という作品をご紹介します。

 

 

f:id:yuzubook:20210310175655j:plain



作品概要
著者について

ライリー・セイガー

ライリー・セイガーは、ジャーナリスト、編集者、グラフィックデザイナーとして活躍していた人物のペンネームです。現在は専業作家として活躍しており、25カ国語で出版された世界的なベストセラー「FINAL GIRLS」や、ニューヨーク・タイムズ紙で大ベストセラーとなった「THE LAST TIME I LIED」、「LOCK EVERY DOOR」、「HOME BEFORE DARK」などを執筆しています。ペンシルバニア州出身で、現在はニュージャージー州プリンストン在住です。

 

本の概要


・ISBN-10 :1524745170
・ISBN-13 :978-1524745172
・出版年:2020年
・出版元:Dutton
・ジャンル:心理サスペンス、スリラー、ミステリ、ホラー
・ページ数:400ページ(ハードカバー )
・英語の難易度、特徴:会話が多めです。基本的に主人公または父親の一人称なので読みやすいです。
・テーマ、キーワード:幽霊、お化け、館、過去の事件、父と娘、家族の秘密
・おすすめする人:ホラー要素のあるサスペンス作品を読みたい方

 

あらすじ

どんな家にも、語るべき物語と共有すべき秘密がある。

25年前、マギー・ホルトと彼女の両親は、バーモント州の森の中にあるビクトリア調の邸宅「Baneberry Hall」に引っ越してきた。その3週間後、両親は真夜中に家を飛び出した。その時の様子を彼女の父親は「House of Horrors」という回想録の中で語っている。超自然現象や悪霊の話は世界的な現象となり、人気になるとともに懐疑的な意見が寄せられた。

マギーは幼い頃に起こったとされる恐ろしい出来事を全く覚えておらず、大人になってからも父の主張を一言も信じていない。幽霊なんて存在しないのだから。父の死後、Baneberry Hallを相続した彼女は、改装して販売するために戻ってきたが、彼女の帰郷は暖かいものではなかった。地元の人々は、自分たちの小さな町が有名になったことを快く思っておらず、「House of Horrors」の主役である人間たちが影で待っている。

さらに不安なのは、過去の不穏なささやきがいたるところに潜んでいる邸宅そのもの。マギーは父の本に書かれていた奇妙な出来事を体験し始めるが、この屋敷の暗い歴史について明らかになった真実は、彼女が信じるものすべてを覆すことになる。

 

感想

いい意味でやばい本に出逢ってしまいました!失礼ながら、最初はホラー小説かなと思って本当に面白いのかな、と思っていたのですが(個人的にはお化けとか幽霊とかは苦手というか、冷めてしまうので……)、途中からどんどん面白くなってきて、文字通りページをめくる手が止まりませんでした!

 

お化けや幽霊が本当にいるのではないかと思ってしまうような不思議な出来事が起きたり、その家で起きた過去の悲しい出来事などをあわせて考えると、超人的なことなんてないのだろうと頭ではわかっていても、信じてしまいそうになります。

 

少女の失踪、主人公の父が書いた本の謎、両親が明らかにしようとしない家を出た本当の理由。この本には様々な謎がありますが、それを一つ一つ明らかにしていく過程がとても面白かったです。上質なスリラーでした。

 

最後の怒涛のどんでん返しも最高でした。構成、テンポともに私にとってはとても読みやすかったです。

 

一言キャッチフレーズ

憑りつかれた家は、あなたをつかんで離さない


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★★(5/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【本を借りるだけじゃない!】図書館の無料でできる活用法7つ

こんにちは!

みなさんは、普段から図書館を利用していますか?
図書館には、本を借りるだけでなく、無料で利用できるサービスがたくさんあるんです!今回は、図書館を120%活用する方法をご紹介します!

 

※コロナウイルスの昨今の状況により、図書館によってご利用できないサービスなどがあると思います。ご了承いただけますと幸いです。

 

 

f:id:yuzubook:20210124002434p:plain

 

1.新聞や雑誌を読む

図書館には、本だけでなくその日の新聞や雑誌の最新刊が置いてあることが多いです。新聞であれば普段自分が読まないものを読んだりすることもできますし、雑誌も「買うのはちょっと……」と思っている方におすすめです!

 

2.CD、DVDを楽しむ

書籍の他に、CDやDVDを借りたり、オーディオスペースなどがあればそこで視聴することもできます。今ではなかなか手に入りにくい昔のCDなどが置いてあることもありますよ!

 

3.マンガを読む

教育用のマンガだけでなく、娯楽として楽しめる種類のマンガも図書館に置いてあることがあります。人気の作品はなかなか読むことが難しいですが、ぜひ探してみてくださいね!

 

4.勉強する

小さい図書館では勉強・読書スペースがないかもしれませんが、ある程度の規模の図書館であればだいたい静かに過ごせるスペースがあるはずです。夏場であれば涼しく、冬場であれば温かい図書館を活用しないわけにはいかないですね!ただし、利用時間の制限(一人2時間までなど)や、飲食禁止などのルールがあることが多いので、それにはきちんと従ってくださいね。

 

5.図書館のイベントに参加する

図書館では、絵本の読み聞かせやセミナーなど、無料や安い値段でのイベントをたくさん行っています(※コロナウイルスの感染拡大により、現在はオンラインイベントになっていることが多いかもしれません)。図書館のリソースを活かした上質なイベントであることが多いので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

6.大学図書館や職場近くの図書館に行ってみる

大学図書館は、その大学の卒業生や地域住民でも書籍を借りることができる場合があります。専門書や学術書が強いのが大学図書館のいいところですから、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか。また、職場近くの図書館など、自宅近く以外の図書館も活用できると思いますので、探してみてくださいね。

 

7.リサイクル本・雑誌を活用

すべての図書館ではありませんが、たまにリサイクル本や雑誌の持ち帰りができる場合があります。それ専用のラックなどがあることがありますので、ぜひ一度探してみてくださいね。

 

 

以上です!ぜひ、素晴らしい図書館を120%活用してみてくださいね!

 

Ian Rankin(イアン・ランキン) "A Song for the Dark Times" あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Ian Rankinさんの "A Song for the Dark Times" という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210613144445j:plain


作品概要
著者について

イアン・ランキン

1960年に生まれました。1982年にエディンバラ大学を卒業し、スコットランド文学の博士号取得を目指していた3年間、小説を執筆していました。Rebusシリーズの最初の小説は1987年に出版されました。Rebusの本は現在22の言語に翻訳されており、ベストセラーとなっています。

 

本の概要

 

・ISBN-10 ‏ : 1409176975
・ISBN-13 ‏ : 978-1409176978
・出版年:2020年
・出版元:Orion (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd 
・ジャンル:警察小説、ミステリ
・ページ数:336ページ
・シリーズ:Inspector Rebus #23

 

あらすじ

娘のサマンサが真夜中に電話をかけてきたとき、ジョン・リーバスはそれが良い知らせではないことを知った。彼女の夫が2日前から行方不明になっているというのだ。

リーバスは最悪の事態を恐れていた。警察での経験から娘が第一容疑者になることを知っていた。

彼は最高の父親ではなかった。常に仕事を優先していたからだ。しかし今、娘はかつてないほど彼を必要としている。

明け方に出発し、風の吹く海岸と大きな秘密を抱えた小さな町へと車を走らせながら、彼は、これが人生で初めて、見つけたくない真実かもしれないと考える...。

 

 

感想

イアン・ランキンさんの作品はずっと読みたいと思っていたのですが、今回やっと読むことができました!シリーズもの、ということで、他の作品を読んでおけばもっとその世界に入り込めたんだろうな、と思いましたが、単独でも楽しめました。

 

物語は2つの大きな事件を軸に進んでいくのですが、その絡みが意外なところにあったり、また新たにイギリスの一面を知ることができました。

 

ミステリ小説は、過去の事件と現在、というもので構成されるものが多いなと感じていますが、この小説は他の作品とはまた違った味わいがありました。会話表現で少し難しいなと感じる部分もありましたが、素晴らしい雰囲気を持った作品を読めて嬉しかったです。

 

一言キャッチフレーズ

昔の記憶は、埋めておくべきだった


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

【文学の国!】イギリス文学ゆかりの街、スポットを作家や作品とともにご紹介!

こんにちは!

みなさんは、イギリス文学がお好きですか?今回は、イギリス文学にゆかりがある街や都市をその作家や作品とともにご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210309192357j:plain

 

1.ロンドン

イギリスを代表する偉大な作家の一人、チャールズ・ディケンズは、ポーツマス生まれですが、その後ロンドンに引っ越し、1837年3月25日から1839年12月までを過ごした家は、現在ディケンズ博物館となっています。

 

主な作品:

チャールズ・ディケンズ『オリバーツイスト』

 

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッドコパフィールド』

 

2.バース

イングランド南西部に位置し、緑豊かなバース。ジェーン・オースティンはバースにて約5年間過ごし、ここでの生活が彼女の小説に影響を与えたとも言われています。

 

主な作品:

ジェーン・オースティン『ノーサンガー・アビー』

 

3.トーキー

イギリスが生んだミステリの女王、アガサ・クリスティは、イングランド南西部のデヴォン州・トーキーに生まれました。

 

主な作品:

アガサ・クリスティ『ABC殺人事件』

 

アガサ・クリスティ『スリーピング・マーダー』

 

4.ソーントン、ハワース(ヨークシャー)

イングランド北部を代表する作家といえば、エミリー・ブロンテ、シャーロット・ブロンテのブロンテ姉妹ではないでしょうか。リーズという大きな都市の近くにあるこれらの地は、ムーアが広がっています。

 

主な作品:

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

 

 

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』

 

 

5.エディンバラ

エディンバラ出身として有名なのが、シャーロックホームズを生み出した、コナン・ドイル。彼が残したシャーロックホームズシリーズの4つの長編小説を以下にご紹介します。

 

A Study in Scarlet-緋色の研究


The Sign of Four - 四つの署名

 

The Hound of the Baskervilles - バスカヴィル家の犬

 

The Valley of Fear - 恐怖の谷

 

 

以上です!様々な地域性があり、そこで豊かな小説がたくさん生まれたのですね。ぜひ、気になる本を手に取ってみてくださいね!

 

 

James Patterson "Lost" あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、James Pattersonさんの "Lost" という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210311221626j:plain



作品概要
著者について

ジェームス・パターソン

世界で最も有名で売れている作家の一人です。彼の作品は全世界で3億8,500万部を超える売り上げを記録しています。「アレックス・クロス」、「ウィメンズ・マーダー・クラブ」、「マイケル・ベネット刑事」、「プライベート」など、過去20年間で最も人気のあるシリーズの著者であり、その他にもロマンス小説や単独のスリラー小説など、数多くのベストセラーを生み出しています。

 

本の概要

 

・ISBN-10 ‏ : 1780899521
・ISBN-13 ‏ : 978-1780899527

・出版年:2019年
・出版元:Century
・ジャンル:警察小説、スリラー、ミステリ
・ページ数:368ページ(ハードカバー)
・シリーズ: Tom Moon #1

 

あらすじ

マイアミはトム・ムーン刑事の故郷であり、心の故郷でもある。国際犯罪に取り組む新しいFBIタスクフォースのリーダーを依頼された彼は、愛する街の代表であることを誇りに思っていた。

しかし、アムステルダムからマイアミ国際空港に子供を密売していた男を逮捕したことをきっかけに、ムーンは巨大な犯罪シンジケートの奥深くへと足を踏み入れることになる。その地下組織は、彼の想像を超える規模と力を持っていた。

自分の街と市民のために尽力するムーンだが、果たしてそれだけで市民を救えるのだろうか?

 

感想

警察小説というと、Peter Jamesさんのロイグレースシリーズを好んで読んできたのですが、この”Lost”もとてもよかったです。アメリカとオランダ(マイアミとアムステルダム)が舞台となる、大きな国際犯罪がテーマとなりますが、緊張感があり、最初から最後まで楽しめました。

 

これまでにも国際犯罪が関わる小説はたくさん読んできましたが、いつも思うのは、事件の複雑さと犯人グループ(単独って少ないですよね)の恐ろしいほどの頭のよさ、狡猾さです。

 

警察小説の好きなところは、リアルに起きていることを私に教えてくれるところです。世の中はきれいなものばかりでない。でも、少しでもよい社会にするために頑張ってくれている警察がいる、と考えることができるのが救いです。

 

一言キャッチフレーズ

 アメリカとオランダの、二人の刑事を結び付けるものは


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

読書好きの方におすすめの副業9選とアイデア

こんにちは!

 

読書がお好きな方で、趣味を副業にできたらいいな、と思っている方も多いと思います。そこで今回は、読書好きの方がその趣味を活かしてできる副業をご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210221191503j:plain

 

1.ライターとして記事を書く

せっかくたくさんの本を読んでいるのですから、そこで得た知識などを記事にするのはいかがでしょうか?

 

1-1.ブログを書く

無料ブログもたくさんありますから、ぜひご自分が使いやすいものを見つけて、感想を書いてみてくださいね。広告収入なども期待できますし、ブログを読んでくれた人から、記事執筆のお仕事が来ることもあると思います。

 

1-2.クラウドソーシング

 

ブログを開設するのは面倒くさい、という方は、クラウドソーシングサイトで、本に関する記事の募集を探してみるのはいかがでしょうか。経験を積めば文字単価も上がって来ると思います。 

 

2.アフィリエイトをする

 おすすめの商品やサービスを紹介して、その紹介料をもらう仕組みのアフィリエイト。これは本の紹介にもおすすめです。

 

2-2.SNSで本を紹介

Twitterやインスタグラムには、たくさんの読書アカウントがあります。それだけ、人々は読書に興味があるということです。そのため、そういったSNSアカウントで本の宣伝をすることはとても効果的です。なお、アカウントは読書専用にした方が興味を持ってくれる人が集まりやすいです。

 

2-3.Youtubeで動画を作る

本の要約を動画に取ってYoutubeにアップするのもおすすめです。今はたくさんの人が情報収集にYoutubeを使う時代ですから、需要は多いと思います。

 

3-3.メルマガ

 やや敷居が高いですが、メルマガもおすすめです。書評を週に一度メールマガジンとして送ることで、読んでもらいやすくなります。

 

3.読書感想文に関する副業

3-1.読書感想文の書き方を教える

ストアカ(ストリートアカデミー)でレッスンを開くことができますので、そこで読書感想文の書き方などを教えることができます。夏休みなど、子どもの読書感想文が増える時期には、需要も多いのではないでしょうか。

 

3-2.読書感想文を代行

ココナラなどで、読書感想文を代行している方もいます。当方はやったことがありませんので、実態はわかりませんが、需要はあるのではないでしょうか。

 

4.読んだ本を売る

読んだ本がたくさん眠っていませんか?もう読まない本であれば、メルカリやしるし書店で売ることもおすすめです。めずらしい本や人気の本であればすぐに売れると思います。

 

5.セミナー開催

最後にご紹介するこちらは、上記の副業よりもやや難易度が高いかもしれませんが、セミナーを開催するのはいかがでしょうか。特にビジネス書や実用書に詳しい方であれば、興味を持つ人は多いと思います。

 

副業については、こちらの本も参考にしてみてくださいね。

転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-

 

「ゆる副業」のはじめかた輸入・ネット販売: 時間も手間もセンスもいらないから誰でもできる!

 

いちばんやさしい副業のはじめ方がわかる本

 

特別なスキルがなくてもできる月収+10万円こっそり副業術 土谷愛

 

KYOKO式しっかり学べる副業の学校アフィリエイト編

 

以上です!ぜひ、好きな読書を活かして副業をしてみてはいかがでしたか?