ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【ごあいさつ】ご訪問ありがとうございます!

(2022/1/26更新)

はじめまして!

【ゆずの本棚】のブログをご訪問くださり、ありがとうございます!ごあいさつとして、ブログ等について簡単にご紹介します。

 

 

 

f:id:yuzubook:20210118193036j:plain

1.ブログ「ゆずの本棚」について

こちらのブログは2021年1月に開設し、本の感想やおすすめ紹介(洋書・海外文学・ミステリ・古典など)のほかに、イギリス生活についても記事を書いています。

簡単なサイトマップ

私の詳しいプロフィール&仕事の実績および依頼についてはこちら

ブログへのお便りやサポートはこちら

プライバシーポリシーはこちら

連絡先お問い合わせフォームも用意しておりますが、仕事依頼のページにその他の情報とあわせて載せていますので、そちらをお読みいただけますと幸いです。

 

 

2.ポッドキャスト「ゆずの本棚」について

私は、2020年11月から【ゆずの本棚】というポッドキャスト番組を配信しています。

読んだ本の感想やおすすめ、そのほか本や読書にまつわる雑多な話をしていますので、聴いていただけたら嬉しいです!

ゆずの本棚(本と読書のポッドキャスト) • A podcast on Anchor

 

メディア掲載情報

・2021年9月:Japan Podcast Pickupさんにて当ポッドキャストをご紹介いただきました!

podcast-pickup.com

 

3.私(ゆず)の簡単なプロフィール

 

現在イギリスに住んでいます。

子どものころから読書が大好きで、本屋さんや図書館巡りも好きです。大学生のころから海外文学や洋書も読むようになりました。好きなジャンルはミステリやサスペンス。現在は洋書を中心に読んでいます。

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。
Twitterでもつぶやいていますので、フォローいただけたら嬉しいです。

 

ポッドキャスト、ブログなど色々と頑張りますので、応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!

また、「ブログやポッドキャストが役に立った!」「応援してもいいよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ以下のリンクよりサポートをお願いいたします。

ofuse.me

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。このブログを皆さまに楽しんでいただけたら嬉しいです。

【おすすめ】マーケティングに役立つ行動心理学を学べるおすすめの本15冊

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、マーケティングにも役立つ、行動心理学を学べるおすすめの本をご紹介します。コンテンツマーケティングをしているけれど、なかなかうまくいかない……そんな悩めるみなさま必見の本ばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

f:id:yuzubook:20210424190404j:plain

 

行動心理学が学べる本17冊

 

行動分析学入門 ヒトの行動の思いがけない理由

おすすめポイント:タイトルの通り、人がどのように、なぜ、行動するのかということをアカデミックかつわかりやすく解説しています。

 

経済は感情で動く~はじめての行動経済学~

おすすめポイント:人がどのようにして感情に左右され、行動するのか、まさにタイトル通りの内容です。行動心理学をこれから学んでみたいという方におすすめです。

 

今日から使える行動心理学

おすすめポイント:イラスト付きで解説されているので、文章ばかり読むのはツライ……という方にもおすすめです。まずはさくっと概要を知りたい方にもぴったりの一冊です。

 

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

おすすめポイント:本は苦手だからまずはマンガでさくっと知りたいという方におすすめなのがこちら。入門書としても必見です。

 

『欲しい』の本質~人を動かす隠れた心理『インサイト』の見つけ方

おすすめポイント:人の”ほしい!”という心理であるインサイトについて、その説明だけでなくそれをどのように創出するのか、創出できるのかについても詳しく書かれた名著です。

 

ファスト&スロー(上・下)

おすすめポイント:認知心理学者で、プリンストン大学の名誉教授としても有名なダニエル・カーネマン氏の著書。人間が普段どのように物事を判断しているのかをわかりやすく紹介しています。

 

ガブッ!とわかる世界一やさしい行動経済学の教室

おすすめポイント:日常の行動に潜むあらゆる「なぜ?」を解説しています。わかりやすい学術書を探しているという方におすすめです。

 

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」

おすすめポイント:タイトルの通り、人をどのように動かすのかをわかりやすく教えてくれる一冊。幅広くコミュニケーションについて学びたい方にもおすすめです。

 

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

おすすめポイント:行動経済学の第一人者としても有名なデューク大学教授のダン・アリエリー氏の著書。事例を使って紹介してくれているので、とてもわかりやすいです。

 

選択の科学

おすすめポイント:選択についてあらゆる角度から解説しています。ビジネスにも、自分の人生にも、きっと役立つはずです。

 

実践 行動経済学

おすすめポイント:2017年のノーベル経済学賞受賞したリチャード・セイラー氏のベストセラー著書。事例を使ってわかりやすく解説されています。

 

「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるためのインサイト実践トレーニング

おすすめポイント:特にお仕事でインサイト発掘をしたい方、そんな担当になっている方におすすめです。

 

行動分析学マネジメント 人と組織を変える方法論

おすすめポイント:マネジメント、とタイトルにある通り、ご自身が組織やグループをまとめる立場にある方に特におすすめです。

 

人は悪魔に熱狂する~悪と欲望の行動経済学~

おすすめポイント:学術的に、体系的にしっかり学ぶ、というよりまず概要を知りたいという方におすすめなのがこちら。さらっと読める手軽さも◎

 

 

マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

おすすめポイント:行動心理学というよりはマーケティングよりの本ですが、これを読んでいるのと読んでいないのとではその後の行動や考え方に差がでるはず。

 

おわりに:行動経済学と一緒に学びたい分野

せっかく行動経済学を学んでいる・学びたいと思っているのであれば、あわせて経済学やマーケティング、コピーライティングなども勉強すると相乗効果が期待できます。ぜひ、あわせてチェックしてみてくださいね。

 

 

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

deadgood読者が選ぶベストミステリ作品100冊

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です。

今回は、ミステリ作品を多く紹介している「deadgood」というサイトに載っていた「ベストミステリ作品100冊」をご紹介したいと思います!

私が読んだことのある作品については、「✔」マークを付けています。さらに、レビューを書いた作品についてはその記事のリンクを貼っておきますので、合わせてお読みいただけたら嬉しいです。

 

Garnethill by Denise Mina

Strangers on a Train by Patricia Highsmith

The Couple Next Door by Shari Lapena

The Dry by Jane Harper

✔And Then There Were None by Agatha Christie

The Black Dahlia by James Ellroy

Triptych by Karin Slaughter

61 Hours by Lee Child

The Poet by Michael Connelly

A Judgement in Stone by Ruth Rendell

 

 

Presumed Innocent by Scott Turow

The Silence of the Lambs by Thomas Harris

Run Away by Harlan Coben

The Whisper Man by Alex North

Then She Was Gone by Lisa Jewel

A Rising Man by Abir Mukherjee

Bluebird, Bluebird by Attica Locke

Behind Closed Doors by B A Paris

Rubbernecker by Belinda Bauer

I Let You Go by Clare Mackintosh

 

 

Nerve by Dick Francis

Death at la Fenice by Donna Leon

Dark Places by Gillian Flynn

The Collector by John Fowles

The Troubled Man by Henning Mankell

Black and Blue by Ian Rankin

Kiss the Girls by James Patterson

Cross Bones by Kathy Reichs

Holy Island by L J Ross

Blue Monday by Nicci French

 

 

Before I Go to Sleep by S J Watson

Eeny Meeny by M J Arlidge

Written in Bone by Simon Beckett

The Brighton Mermaid by Dorothy Koomson

The Silent Patient by Alex Michaelides

✔The Daughter of Time by Josephine Tey

Big Little Lies by Liane Moriarty

✔The Thursday Murder Club by Richard Osman

→私のレビューはこちら

 

The Family by Martina Cole

The Girl on the Train by Paula Hawkins

 

 

✔Dead Simple by Peter James

Silent Scream by Angela Marsons

The Snowman by Jo Nesbo

Lying in Wait by Liz Nugent

Those We Left Behind by Stuart Neville

When She Was Bad by Tammy Cohen

I Am Pilgrim by Terry Hayes

A Banquet of Consequences by Elizabeth George

Our House by Louise Candlish

Want to Play? by P J Tracy

 

 

The Broker by John Grisham

No Time For Goodbye by Linwood Barclay

I Looked Away by Jane Corry

Birdman by Mo Hayder

The Killer In Me by Olivia Kiernan

Fault Line by Robert Goddard

✔The Turn of the Key by Ruth Ware

→私のレビューはこちら

 

The Secret History by Donna Tartt

Origin by Dan Brown

The Business of Dying by Simon Kernick

 

 

The Girl With the Dragon Tattoo by Stieg Larsson

On Beulah Height by Reginald Hill

The Memory Wood by Sam Lloyd

The Burning by Jane Casey

Close to Home by Cara Hunter

The Chalk Man by C J Tudor

Spare Room by Dreda Say Mitchell

The Blackhouse by Peter May

The Moving Toyshop by Edmund Crispin

The Crucifix Killer by Chris Carter

 

 

✔Eight Detectives by Alex Pavesi

→私のレビューはこちら

 

No One Home by Tim Weaver

Raven Black by Ann Cleeves

You by Caroline Kepnes

Scrublands by Chris Hammer

The Surgeon by Tess Gerritsen

Cover Her Face by P D James

A Place of Execution by Val McDermid

IT by Stephen King

The Tiger in the Smoke by Margery Allingham

 

 

The Bones Beneath by Mark Billingham

The Chain by Adrian McKinty

The Wych Elm by Tana French

We Begin At the End by Chris Whitaker

The Last Mile by David Baldacci

My Lovely Wife by Samantha Downing

Perfect Remains by Helen Fields

A Time of Torment by John Connolly

The Murder Bag by Tony Parsons

✔The Guest List by Lucy Foley

→私のレビューはこちら

 


Predator by Patricia Cornwell

Gallows View by Peter Robinson

Behind Her Eyes by Sarah Pinborough

Little Black Lies by Sharon Bolton

Fifty-Fifty by Steve Cavanagh

Magpie Lane by Lucy Atkins

Cold Granite by Stuart MacBride

Dark Pines by Will Dean

The Woman in the Window by A J Finn

Tick Tock by Mel Sherratt

 

 

 

イギリス配偶者ビザ申請:(8)オンラインフォーム入力内容【2019年】

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

これまでnoteに掲載していたイギリス配偶者ビザ申請時のことについて、時間が経ったためこちらのブログで公開することにいたしました。

※内容は2019年(6月申請・8月ビザ受領)のものです。ルール等変わっていると思いますので、あくまで一個人の過去の経験談であることをご理解ください。また、読者様のビザ申請が通ることの保証は全くできかねますのでご了承ください。

 

このnoteでは、イギリス配偶者ビザ申請で必要なvisa4ukのオンラインフォーム入力について、迷ったところと私の入力例をセクションごとにご紹介します!

※以下の情報は2019年5月末~8月時点のものです。また、私はビザを無事取得できましたが、このnoteは情報提供を目的としており、ビザ取得を保証するものではございませんので、ご了承ください。

 

0.申請者登録

Reason for Visit : settlement
Visa type : settlement
Visa sub Type : Wife

私は配偶者ビザの申請だったので、以上のように登録しました。

 

1.Passport / Travel Document

・Place of birth
→ただ単に国だけでよいのか迷いましたが、私は「県, Japan」としました。

・Current Passport or Travel Document Number
→日本語訳では「数」となっていますが、自身のパスポート番号を入力します。

・Issuing Authority (パスポートの発行官庁)
→パスポート通り「MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS」と記入したいところですが、他の方もブログで書いていらっしゃるように、文字数が足りません。
「AFFAIRS」は印刷後に手書きで書き、余白にパスポートと同じサインと年月日を書いた方も多いようですが、私は略称の「MOFA」と入力しました。

実際、ビザセンターではオンラインフォームを印刷したもののうち、一枚目しか回収されませんでしたので、手書きで追加しなくてよかったなと思いました!

・Is this your first passport?
→初めてのパスポートではないので、「No」でした。複数パスポートをお持ちの方は、この次にそれらの情報を入力する必要があります。

・Date of planned arrival in the UK
→ビザ開始日の希望日を入力します。私は優先サービスは利用しませんでしたので、オンライン申請日からちょうど3か月後にしました(私はその日の一週間前からビザが許可されていました)!

・How long do you intend to stay in the UK?
→「Permanetly」と入力しました。ビザが切れるのが2.5年後のため、「3 Years」と記入していらっしゃる方もいらっしゃいました。

2.Personal Details and Travel History

このセクションでは、自身の海外渡航歴などを聞かれます。イギリスやその他の国への渡航歴を入力する箇所があるのですが、私は古い順に入力しました(イギリスではCVなどを書く際に、新しいものから順に書くので、その方が丁寧かも、と思いましたが、古い順に書いてもビザ取れましたので、おそらくどちらでも大丈夫かと思います!)。

ほかの方もおっしゃっていますが、時間のあるときにパスポートを見返して、渡航歴をエクセルなどにまとめておくと、後々楽だと思います(単純な質問ではあるものの、これらを間違えると危ないだろうな~と思いました)。

・If we need to interview you, what language would you like to use in the interview?
→見栄を張って「English」としようとしましたが、夫に「インタビューがもしあるとしたら、重要なことを聞かれるはずだから、絶対に自信のある言語にしておいた方が無難では?」と言われ、「Japanese」と入力しました。これでも一応ビザが通りましたので(インタビューはありませんでした。安心しました)英語にそれほど自信がなければ素直に書いてもよいのではないかと!

 

3.Family Details

このセクションでは、婚姻状況、パートナーや両親の情報を入力します。

両親の出身地(place of birth)は、私のものと同様に、「県, Japan」としました◎

 

4.Employment

・What is your current working status?
→「Employed Full Time」を選択しました。私はオンライン申請時はフルタイムで働いており、その後1か月ほどして退職しました。

 

5.Medical Treatment

イギリスで過去に治療を受けたことがある方はその詳細を記載します。私は幸いありませんでしたので、「No」を選択しました。

 

6.Sponsor Details

ここではスポンサーの情報を入力していきます。

・When did they arrive in the UK?
→夫の誕生日を入力しました!
生まれた時からイギリスにいる人はどう入力するのが正解なんでしょうかね…謎です。実は夫は一度日本で働いていたことがあるので、帰国した日?とも思いましたが、夫とも相談し、結局誕生日で落ち着きました。

・Where is your sponsor now?
→「Above address - UK」としました。この少し前にスポンサーの住所を入力する欄がありますので、このようにしました。

7.English Language

・Are you exempt from the English language requirement?
→No
(他の方もNoの方が多い印象です。海外の大学などを卒業していたりするとそれを証拠とすることができ、テスト受験は免除されるようです!)

・How did you meet the English language requirement?
→ここは自分が受けた英語のテスト(私の場合はIELTS Life Skills A1でした)のレファレンスナンバーや受験したレベルを入力しました。

 

8.Additional Information

ここでは、追加で記載したい事項を入力することができます。

私は、MOFAの正式名称と、私の収入について、円からポンドへの換算レートはOANDAのものを使用した旨を記載しました。

 

最後に…オンラインフォーム入力で気を付けた方がいいこと・アドバイス10個

 

.数字の入力間違いに注意する

オンラインフォームでは、数字、数値を入力する箇所がたくさんあります。イギリス配偶者ビザは、ほんの少しのミスもだめ、とどこかで聞き怖くなっていたので、私はスペルミスはもちろんのこと、数字のミスはないように特に注意して確認していました。

 

2.迷ったら証拠が出せるものと記載を合わせる

記載の仕方で迷う箇所がいくつか出てくると思います。私は、パスポートや戸籍謄本、銀行関係の書類など、「これがその証明です」と出せるものと記載を合わせるようにしていました。

 

3.自分の状況を素直に記載する

いろいろな方が入力例を紹介されていますが、一番大事なのは自分の状況に集中することだと思います!自分の状況を嘘偽りなく素直に書くことが重要だと思います。

 

4.Additional Informationを最大限活用する

オンラインフォームでは、字数制限などで記載したいとおりに入力できない箇所があると思います。その場合は、焦らず最後の自由記述セクションで説明すれば大丈夫だと思います。大丈夫かな?と少しでも不安になった箇所は文章で説明しておくのが無難だと思います。

 

5.手書きで追加できることを過信しすぎない

ひとつ前と被りますが、印刷後に手書きで追加すればいいや、と安易に考えない方がよいかと思います。というのも、実際の審査プロセスはよくわかりませんが、東京のビザセンターで回収されたのはオンラインフォームを印刷したもののうち1枚目だけだったからです。。。

 

6.パートナーを頼る

もちろんパートナーの方の性格にもよると思いますが、私はパートナーにも協力してもらうのがよいと思います。スペルミスをチェックしてもらうでもよいと思いますし、内容を相談してもよいと思います◎

 

7.英語で調べてみる

入力していて迷うことがあった際に、日本語で調べるとどうしても限度があります。そんなときに役立つのが英語での検索です。世界を見渡せばイギリス配偶者ビザを申請されている方はたくさんいらっしゃいますし、その情報を共有していたりするので、より多くの情報を知ることができます。

 

8.アカウント開設日に注意する

visa4ukのオンラインアカウントは、開設から120日は保存可能です。それを過ぎると新しく開設しなおさないといけないようなので、注意が必要です!

 

9.スクリーンショットを取っておく

上記のとおり、万が一120日を過ぎてしまった場合に備え、スクリーンショットを取っておくとよいと思います。私はスクリーンショットを夫に見せて内容を確認してもらっていました◎

 

10.オンラインフォームが審査の基本だと考える

たくさんの質問があり少し面倒なオンラインフォーム入力ですが、私はこれがビザの審査の基本になるのではないかと思っています。そもそもここでつまづいてしまうと、一生懸命用意したサポーティングドキュメント類も見てもらえないのではないかと思います。そのため、常にダブルチェックを心掛け、ミスの内容に細心の注意を払いました!

 

以上です。少しでもお役に立てれば幸いです。