ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2021年9月読書記録まとめ(読んだ総作品数・ベスト/次点作品など)

こんにちは!

今回は、2021年9月の読書のご報告をしたいと思います。

私が住むイギリスは、8月は少し天気もあまりよくなかったのですが、9月は晴れの日も多く、暖かい日も多かったように感じます。庭に座って本を読んだり、充実した読書ライフを過ごすことができました。

 

f:id:yuzubook:20210710001030j:plain

1.読んだ作品数

今月読んだ総作品数:17作品

(※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています)

和洋の内訳:和書11作品、洋書6作品

 

 

2.読んだ作品一覧

The Deceived(Jonathan Quinn #2) by   Brett Battles 
五瓣の椿    by 山本周五郎
The Papers of Tony Veitch (Jack Laidlaw #2)  by   William McIlvanne
鳴門秘帖 一、上方の巻   by 吉川英治
鳴門秘帖  二、江戸の巻    by 吉川英治
The Sun Down Motel   by Simone St. James 
鳴門秘帖 三、木曾の巻  by  吉川英治
法悦クラブ   by 野村胡堂
判官三郎の正体   by  野村胡堂
焔の中に歌う    by 野村胡堂
鳴門秘帖 四、船路の巻  by  吉川英治
Shadow of Betrayal(Jonathan Quinn #3)   by Brett Battles 
The Island    by C.L.Taylor 
鳴門秘帖 五、剣山の巻    by 吉川英治
鳴門秘帖 六、鳴門の巻    by 吉川英治
Strange Loyalties (Jack Laidlaw #3) by    William McIlvanney 
身代わりの花嫁  by  野村胡堂

 

3.ベスト・次点作品

私が選ぶ今月のベスト:五瓣の椿    by 山本周五郎

次点:The Island    by C.L.Taylor 

4.総括

今月は久しぶりに和書をたくさん読むことができました。上記の通り、青空文庫で読んでいるものを含んでいるため、冊数ではありませんが、それでも色々と読めたのは楽しかったです。また、野村胡堂という新しい作家にも挑戦することができました。洋書についても、新しい作家の作品を読むことができ、充実した一か月を過ごすことができました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!