ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

William McIlvanney "Strange Loyalties" あらすじ・レビュー

こんにちは!

今回は、William McIlvanney "Strange Loyalties"  という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210308181935j:plain


作品概要
著者について

ウィリアム・マッキルバニー

ウィリアム・マッキルバニーは、スコットランドの小説、短編小説、詩の作家でした。骨太でありながら詩的な文学を得意とし、『レイドロー』、『トニー・ヴェイチの論文』、『Walking Wounded』などの作品は、1970年代のグラスゴーを描いたものとして知られています。タータン・ノワール』の父」と称され、「スコットランドのカミュ」とも評されています。

 

本の概要

 

・ISBN:0156856441 (ISBN13: 9780156856447)
・出版年:1993年(初版は1991年)
・出版元:Mariner Books
・ジャンル:警察小説、ミステリ、サスペンス、スリラー
・ページ数:288ページ(ペーパーバック)
・シリーズ:Jack Laidlaw #3

 

あらすじ

レイドロー刑事は、兄の無差別殺人という心に響く事件を捜査する。

 

感想

レイドローシリーズ3部作、今回ですべて読み終えました!
3つとも決して派手さはないものの、いぶし銀というか、渋くて味のある物語だったと思います。

マッキルバニーさんは素晴らしい作家であり、それはこの作品でも十分に証明されていました。この作品は、犯罪を背景にした道徳的・哲学的な小説であると感じました。つまり、レイドロー(=作者・マッキルヴァニー)の哲学的な考察が大量に出てきました。犯罪のプロットばかりに焦点があたっていない点が、この小説、そしてこの作家を特別なものにしているのだと思いました。

 

一言キャッチフレーズ

兄弟の死の真相は……


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!