ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【ファンが語る】アンソニー・ボイルさんの魅力7選~プロフィール・出演作品とあわせて~

こんにちは!

 

みなさんは、アンソニー・ボイルさんという俳優をご存じですか?若いながらもこれまでに様々な賞を受賞している演技派の彼について、ファンの私が語ります!

 

なお、情報は記事執筆時(2021年3月)のものですので、あらかじめご了承ください。今後、随時更新する予定です。

 

f:id:yuzubook:20210213204036j:plain



 

プロフィール

生年月日:1994年6月8日

出身:北アイルランド・ベルファスト

身長:5フィート7インチ(約170cm)

北アイルランド出身の俳優で、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』(2016年)のスコーピウス・マルフォイ役で一躍有名となり、オリヴィエ賞助演男優賞を受賞したことでも知られる。2018年春、ニューヨークのリリック・シアターで上演されたウエストエンド版『ハリー・ポッターと呪いの子』でブロードウェイデビューを果たし、第72回トニー賞の劇中主演男優賞にノミネートされた。

 

出演作品

映画

2013年 Onus (Keiran Flynn役)
2016年 The Party (Mickey Magee役)
2016年 The Lost City of Z (Trench Runner役)
2016年 The Journey (Young Ian Paisley役)
2018年 Bad Drawings (Scott役)
2019年 Tolkien (Geoffrey Bache Smith役)

 

テレビ

2014年 Game of Thrones (Bolton Guard役)
2017年 Philip K. Dick's Electric Dreams (Sam役)
2018年 Ordeal By Innocence (Jack Argyll役)
2018年 Derry Girls (David Donnelly役)
2018年 Patrick Melrose (Barry役役)
2018年 Come Home (Liam役)
2020年 The Plot Against America (Alvin Levin役)

 

舞台

2013年 Herons (Aaron役)
2014年 Othello (Iago役)
2015年 East Belfast Boy (Davey役) (& co-writer)
2015年 In Arabia We'd All Be Kings (Skank役)
2015年 The Taming of the Shrew (Biondello, Curtis, Merchant, Widow役)
2015年 Mojo (Baby役)
2016–2019年 Harry Potter and the Cursed Child (Scorpius Malfoy役)

 

受賞歴

※これらはすべて "Harry Potter and the Cursed Child" での演技に対する評価

2016年
Critics' Circle Theatre Award:Most Promising Newcomer (受賞)
Evening Standard Theatre Award:Emerging Talent(ノミネート)

 

2017年
Laurence Olivier Award:Best Actor in a Supporting Role(受賞)
WhatsOnStage Award:Best Supporting Actor in a Play(受賞)

2018年
Tony Award:Best Featured Actor in a Play(ノミネート)
Drama Desk Award:Outstanding Featured Actor in a Play(ノミネート)
Drama League Award:Distinguished Performance(ノミネート)
Outer Critics Circle Award:Outstanding Featured Actor in a Play(ノミネート)
Theatre World Award:Outstanding Broadway or Off-Broadway Debut Performance (受賞)

 

7つの魅力

さて、ここからはファンの私が考える、アンソニー・ボイルくんの魅力をたくさんご紹介します!

 

1.圧倒的な演技力

上記の受賞歴を見ていただいてもわかると思いますが、彼の演技が高く評価されています。また、出演した作品でも、幅広い役を演じており、そのどれもが息をのむような演技をされています。特に私は、アンソニーくんの表情による心情の見せ方がとても繊細で素敵だなと感じています。

 

2.文学への深い愛

こちらも私が彼を応援している大きな理由なのですが、文学、特に詩への造詣がとても深いです。また、インタビューではシェイクスピアの一部を引用するなど、教養のある面を見せることも多いです。

 

3.家族や俳優仲間への思いやり

こちらは、彼のインスタグラムでの発信やインタビューなどを見ているとわかるのですが、家族(特に妹さん)への思いやりに溢れた投稿があったり、俳優仲間とのやりとりも多く、大切にしている様子がよく伝わってきます。

 

4.ユーモアのセンスがいい

彼の魅力はここにあると思うのですが、インタビューでは常にインタビュアーの想像以上の答えをしてくれます。さらっと出てくる言葉やフレーズがユーモアやウィットに富んでいます。

 

5.色白小顔

透きとおるような肌の白さと、小さなお顔をお持ちのアンソニーくん。身長もそれほど高くはないため、小動物のような可愛い雰囲気をまとっています。

 

6.魅力的なアクセント

出身の北アイルランドアクセントがとても魅力的です。慣れないうちは聞き取るのが難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば、その魅力に取りつかれてしまいます。

 

7.アイルランドへの愛

上記とも重なりますが、アンソニーくんは自分の出身である北アイルランドへの愛に溢れています。しばしばインスタグラムの投稿でもそれがうかがえるものがあります。また、Derry Girlsなどの作品にも出演しています。

 

彼が気になった方は……

私がおすすめする、アンソニーボイルくん出演作品は以下の通りです!

Tolkein

 

 

以上です!

この記事で、少しでもアンソニー・ボイルくんの魅力が伝われば幸いです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。