ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2021年の国際ブッカー賞決定!At Night All Blood is Black by David Diop

2021年6月2日、2021年の国際ブッカー賞受賞作品が決定しました!

 

 

受賞作:

タイトル:”At Night All Blood Is Black”

作者:David Diop

訳:Anna Moschovakis(フランス語から翻訳)

出版:Pushkin Press

 

国際ブッカー賞とは?

The Man Booker International Prize 
イギリスの文学賞です。6月に受賞作発表。マン・ブッカー国際賞は、外国語で書かれ、英語に翻訳され、英国で出版された最も優れたフィクション作品に贈られる賞です。

 

作品概要


At Night All Blood is Blackは、狂気に向かっていく若者の心の悲劇を描き、第一次世界大戦の西部戦線でフランスのために戦ったセネガル人のあまり知られていない物語を伝えています。

アルファ・ンジャイエとマデンバ・ディオップは、フランス国旗の下、第一次世界大戦で戦った多くのセネガル人ティライユ(フランスの軍事用語で、最初は軽装歩兵の小隊を一般的に指すために使われていた)のうちの2人です。アルマン大尉が笛を吹くと、彼らは塹壕から出て青い目の敵を攻撃します。しかしある日、マデンバが瀕死の重傷を負い、友人である兄以上の存在を失ったアルファは、自分の知っていること、大切にしていることのすべてから遠く離れた、野蛮な塹壕の中でひとりぼっちになってしまいました。彼は新たな気持ちで戦闘に身を投じますが、すぐに自分の戦友さえも脅かすようになります。

 

作者について


David Diop(ダヴィッド・ディオップ)は1966年にパリで生まれ、セネガルで育ちました。現在はフランスに在住し、ポー大学で18世紀文学の教授を務めています。At Night All Blood is Blackは、ダヴィッドの2作目の小説です。この作品は、フランスの10の主要な賞の最終選考に残り、ゴンクール・デ・リセアン賞とスイスのアハマドゥ・コルウマ賞を受賞しました。現在、13カ国語に翻訳されており、イタリアではStrega European Prizeを受賞しています。

 

ショートリスト(ノミネート作品)


・At Night All Blood is Black
・The Dangers of Smoking in Bed
・When We Cease to Understand the World
・The Employees
・In Memory of Memory
・The War of the Poor

 

他の主な海外の文学賞・国際文学賞について知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください!

ybook.hatenablog.com