ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2022年5月読書記録まとめ(読んだ総作品数・ベスト/次点作品など)

みなさん、こんにちは!

 

5月はみなさんどんな本を読みましたか?私は現在日本に一時帰国していることもあり、今月は日本の本をたくさん読めました。素敵な作品に出会えましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

1.読んだ作品数

今月読んだ総作品数:32作品

 

和洋の内訳:和書30作品、洋書2作品

 

※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています。また、外国語の作品を日本語に翻訳したものについては、和書としてカウントしています。

 

2.読んだ作品一覧

八ヶ嶽の魔神 by 国枝史郎
困惑の弁 by 太宰治
The Jewel that Was Ours     by Colin Dexter
The Way Thorough Woods     by Colin Dexter 
神州纐纈城 by 国枝史郎
寒い国から帰ってきたスパイ by ジョン・ル・カレ
世界のビジネスエリートが身につける教養 西洋美術史 by 木村泰司
行動分析学入門――ヒトの行動の思いがけない理由 by 杉山尚子
禁断の魔術 by 東野圭吾
心を操る文章術 by 清水義範
騙し絵の檻 by ジル・マゴーン
100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版 by 永井孝尚
同志少女よ、敵を撃て by 逢坂冬馬
この落語家に訊け! by 広瀬和生
昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか by 大塚ひかり
体育館の殺人 by 青崎有吾
テロリストの誕生: イスラム過激派テロの虚像と実像 by 国末憲人
夜明けの街で by 東野圭吾
中東とISの地政学 by 山内昌之
これからのSEO Webライティング本格講座 by 瀧内賢
鑑賞のための西洋美術史入門 by 視覚デザイン研究所
選択の科学 by シーナ・アイエンガー
踊り子の死 by ジル・マゴーン
面白いほどよくわかる 源氏物語 by 大塚ひかり
武器になる知的教養 西洋美術史鑑賞 by 秋元雄史
「源氏物語」の時代を生きた女性たち by 服藤早苗
どうしても生きてる by 朝井リョウ
牙 アフリカゾウの「密売組織」を追って by 三浦英之
宴の前 by 堂場瞬一
仮面同窓会 by 雫井脩介
検察側の在任  by 雫井脩介
ネーミング発想法 by 横井恵子

 

3.ベスト・次点作品

私が選ぶ今月のベスト:どうしても生きてる by 朝井リョウ

次点:同志少女よ、敵を撃て by 逢坂冬馬

 

日本にいることもあって、和書をたくさん読みました。素晴らしい作品が多かったため、ベストと次点を選ぶのに苦労しました(笑)。自分の人生の生きる上で、そっと背中を押してくれた作品をベストに、そしてタイトルの意味を知ったときに目頭が熱くなった作品を次点に選びました。ぜひ、みなさんも手に取ってみてください。

 

 

4.総括

いかがでしたか?今月は和書をたくさん読めたので大満足です。初めて読む作家さんや、久しぶりに読む作家さんなど、いろいろと楽しめました。来月も楽しく読書していきたいと思います。