ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

永井孝尚『100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版』概要・レビュー

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、永井孝尚さんの『100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版』という作品をご紹介します。

 

 

 

 

No description available.



本の概要


・ISBN-10:404602836X
・出版年:2012年
・出版元:KADOKAWA
・ジャンル:ビジネスコミック
・ページ数:174ページ

あらすじ

会計ソフト会社である駒沢商会でトップセールスになった宮前久美は、「お客さんが喜ぶ商品を創り出したい」という想いを実現させるために商品企画部へ異動を申し出る。しかしそこで出会った与田誠に突きつけられたのは、「顧客絶対主義」の落とし穴だった。彼女は日本企業が抱える課題―「高品質・多機能、でも低収益」から脱却できるのか?MBAマーケティング理論が学べる商品開発ストーリー。(Amazonより引用)

 

感想

企業の営業担当者だけでなく、個人のブランディングや、フリーランスとしての働き方にも示唆を与えてくれる本だと感じました。マンガなので読みやすかったです。

 

色々なエッセンスがあるなかで、個人的には「価格をさげずに、価値をあげる」というところです。お客様を大事にするのはもちろんなのですが、媚びるのとは違う、ということかなと感じました。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!