ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【ロスバゲ・遅延・乗り継ぎ失敗】ポーランド航空搭乗記〜成田からロンドンへ

こんにちは!

 

今日は、私が以前利用した【ポーランド航空】について、利用・搭乗レポートをご紹介します。

 

私が利用したときはちょうど台風と重なり、色々なトラブルがありました。通常の天候であれば大丈夫だと思いますが、ある意味貴重な経験だったと思いますので、残しておこうと思います。どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

 

f:id:yuzubook:20210311221626j:plain

 

1.台風翌日の搭乗で大幅な遅延

私が成田空港からイギリス・ヒースロー空港へ行くために選んだのは、ポーランド航空でした。ワルシャワ乗り継ぎで、比較的安かったこと、そして配偶者ビザを取ってすぐに渡英しなければならない、という条件に合うのがポーランド航空だったため、選びました。

 

私の渡英日の前日に、大きな台風が日本(特に千葉県)を襲い、甚大な被害が出ました。台風当日のフライトはもちろん、翌日にも影響が出ていました。

 

まず電車の遅延で、フライト時間ギリギリに成田空港へ着いたのですが、私が乗る予定のポーランド航空の飛行機は、大幅に遅延しました。その理由が、【機内食が到着していないから】というものでした。

 

結局、予定から2時間以上遅れて離陸しました。

 

2.ワルシャワの空港でトランジット失敗

私がもっと時間に余裕を持ってトランジットを決めればよかったのですが、離陸が2時間以上も遅れたため、ワルシャワに到着するのも予定より遅れ、私は見事にトランジットに失敗しました。乗る予定だった便はすでにワルシャワを後にしていました。ほかに私のような人がそれほど多くなかったからか、待ってくれませんでした。

 

3.急遽ノルウェー・オスロ空港へ

ワルシャワの空港で、ポーランド航空職員から言われた指示は、【このあとノルウェーのオスロに行って、そこからヒースローに向かって】ということでした。ノルウェーまではポーランド航空、ノルウェーからロンドンまでは、スカンジナビア航空でした。

 

4.ようやくロンドン・ヒースロー空港へ、そして発覚したロストバゲージ

もうくたくたに疲れ果てて、やっとヒースロー空港に到着しました。夜遅くで、パスポートコントロールの窓口も少ししか空いておらず、結局手荷物受取のところに出るまで一時間以上かかりました。

 

そして、そこでも悲劇が待ち受けていました。私は成田空港で2つスーツケースを預けたのですが、その1つがいつまで経っても出てこないのです。これはロスバゲだな、と思った私は、ヒースロー空港のロスバゲ問い合わせの場所に行き、フォームに記入しました。

 

結局、調査の結果、オスロ空港に置いてきぼりにされているということがわかりました。イギリスまで届けてもらい、私の家に着いたのが、搭乗日から2週間弱経ったときでした。

 

5.おわりに

以上のことは、もちろんすべてがポーランド航空の責任、ということではありませんが(もちろん私のフライト予約も改善の余地が大いにあります)、緊急事態にはやや弱いのかなと感じました。ワルシャワの空港でも、職員の対応はちょっと冷たい印象を受けました。価格がお安いので、仕方のないことかもしれませんが……。

 

 

以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!