ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【2022年一時帰国】日本からイギリスへ戻るフライト~東京・羽田出国からロンドン・ヒースロー入国まで~

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

楽しかった日本への一時帰国を終え、無事にイギリスへ戻って来ました。久しぶりの飛行機、日本入国の諸々の準備など、心配もありましたが、日本の家族と一緒に時間を過ごすことができて、一時帰国できて本当に良かったと思いました。

 

今回は、日本からイギリスへ戻る際のフライト状況などをシェアします。簡単なものですが、どなたかの参考になりましたら幸いです。

 

※この記事の内容は、執筆時点(2022.6月)の情報です。また、この記事はあくまで一個人の経験談です。参考程度にお読みいただき、詳細は航空会社やイギリス政府のHPなどでご確認ください。

 



1.はじめに前提として

まず初めに、私の状況をお伝えしておきます。

・2022年5月に日本へ行き、6月にイギリスに戻りました。
・私は一人で一時帰国しました。
・JALの直行便(羽田からヒースロー)を利用しました。

 

2.イギリス入国に必要なものは?

私は6月中旬に日本からイギリスへ戻りましたが、その際はコロナに関して、特に必要なもの、準備すべきものはありませんでした。

 

状況は変わることがありますので、必ずイギリス政府のHPでご確認をお願いいたします。

www.gov.uk

 

3.JAL北回りフライト

私はJALの直行便を利用しました。ロシア上空を避けるため、羽田からヒースローまでは北回り(アラスカ、アイスランドなどを通る。昔はアンカレッジ経由、と言われていたルートだそうです)での運行でした。

 

予約した時点では15時間ほどかかると言われていましたが、実際は14時間くらいでした(CAの方が順調な飛行だったと言っていたので、私の便が運が良かったのかもしれませんが……)。

 

私はエコノミークラスでしたが、乗客は8割くらいかなという印象でした。3-3-3のシートでしたが、私はすぐ横には人がいませんでした(一つあけてお一人いらっしゃいました)。

 

機内食は2回でしたが、2回目が出てくる前にパンが2つ配られました。また、お水やお茶も頻繁に配ってくださったので、ありがたいなと思いました。

 

日本の午前中に出る便だったので、フライト中あまり寝ることはできませんでした。他の方も、起きて映画などを見ている方が多かったように感じます。

 

4.ヒースロー空港での入国手続き

早くヒースローに着陸したようで、実際に飛行機から降りたのは着陸してから40分後くらいでした。

 

入国手続きも日本のパスポートを持っている人は無人の機械のゲート?(E-Gateと昔言っていた気がするのですが、今もそうでしょうか?)が使えるのでありがたかったです。

 

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

日本への一時帰国については、他にも色々と記事を書いています。ありがたいことに多くの方に読んでいただいています。ぜひ、参考になりましたら幸いです。

【2022年イギリスから日本への一時帰国】イギリスでNHSからコロナのワクチン証明をもらう方法(紙媒体)

 

【2022年イギリスから日本への一時帰国】ヒースロー空港コロナウイルスLAMPテストについて

 

【2022年イギリスから日本への一時帰国】ファストトラック利用に必要なMySOSアプリのダウンロード・審査完了までの時間など