ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリス配偶者ビザ申請:(1)時系列 ~準備から結果受領まで~ 【2019年】

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

これまでnoteに掲載していたイギリス配偶者ビザ申請時のことについて、時間が経ったためこちらのブログで公開することにいたしました。

※内容は2019年(6月申請・8月ビザ受領)のものです。ルール等変わっていると思いますので、あくまで一個人の過去の経験談であることをご理解ください。また、読者様のビザ申請が通ることの保証は全くできかねますのでご了承ください。

 

今回は、ビザ申請のタイムラインをご紹介します。ちなみに、私はプライオリティサービスは使っていません。

 

この記事をお読みになると、
一優先サービスを使うか否かのご判断材料
一実際の申請の1つのサンプル (2019年3月に申請の方法(サポーティングドキュメントの提出方法など)が大きく変わったことも含めて)
が得られます

それでは、以下詳細です。

 

-申請の10 ヶ月ほど前 (2018年8月)
夫がイギリスに帰国しました。少しずつビザについての情報を集めたりしてイメージを掴むようにしていました。

★あまり早く調べすぎて準備を進めてしまうと、実際に申請する段階でルールが変わった、ということも大いにあり得ますので、少し注意が必要です。


-2018年12月
IELTS Life Skills A1 受験、合格。

 

-2019 年2月
少しずつサポーティングドキュメント (提出書類)を準備し始めました。

 

-2019 年3月17日
visa4ukにて、自分のアカウントを作成しました。
★私がアカウントを開設した時点では、データは開設日から120日間保存可能とのことでした。

 

-2019 年4月
自分で word 等にまとめて作る書類(送り合った手紙のコピー、メールのスクリーンショット等)を準備し始めました。


-2019 年5月
夫も私も、銀行関係の書類を揃えていきました。

 

-2019 年5月28 日
オンライン申請を完了させました(confirm, BRP カード受取場所の選択、
IHS 料金の支払い、ビザ申請料の支払い、ビザセンターの予約を取る等を済ませるなど)。


-2019 年5月30 日
東京·新橋のビザセンターを訪問しました(写真撮影、指紋採取)。そしてその帰りにイギリスにいる夫へ EMS で書類を送付しました。送付日を除いて、2営業日で夫の手元に届きました。


-2019年6月7日
夫がイギリス·ロンドンのビザセンターを訪問し、夫が準備した書類と私が準備した書類をあわせて提出しました。

カテゴリーは向こうの方が正しいものに整えてくださったみたいです(私が確認した時点では、UKVI、vfsいずれのホームページにもカテゴリーの記載がなかったため、従前のカテゴリー(就労·財政·関係性·住居等)で分けていたのですが、結構変えられてしまったようです……。

 

-2019年6月22日
UKVIから審査開始のメールが届きました。

 

-2019年8月16日
vfsグローバルから、結果がイギリスから届いた旨メールがありました!ただメールの受信時刻が15時を過ぎていたため、週明けにパスポートを取りにいくことにしました。

 

-2019年8月19日
東京のビザセンターでパスポートを受け取りました。見ると、ビザステッカーが貼ってありました!無事にビザが取れて本当に安心しました。

8月19日に実際に受領したことを踏まえると、

・オンライン申請完了から11週間6日

・ビザセンター訪問から11週間4日

・夫が現地でサポーティングドキュメントを提出してから10週間3日

・UKVIから審査開始メールが届いてから8週間2日

で結果が手元に届いたということになります。

 

以上です。少しでもお役に立てれば幸いです。