ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2022年イギリス配偶者ビザ更新(3)提出書類一覧(アップロードした書類)

みなさん、こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。


イギリス配偶者ビザ更新の手続きについて、今回は提出書類一覧というテーマで記事を書きます。

 

※内容は2022年のものです。あくまで一個人の経験談であることをご理解の上、参考としてお読みください。ルール変更等ありますので、ビザ申請をされる際は、ご自身でイギリス政府HP等の確認を必ずお願いいたします。また、こちらの記事・マガジンは読者様のビザ申請が通ることを保証するものではありませんのでご了承ください。

 

こちらの【はじめに】も必ずお読みください。
https://ybook.hatenablog.com/entry/2022-uk-spouse-visa-extension-1


私の申請状況は以下の通りです。
・筆者は配偶者の収入を財政証明としました。
・筆者はビザエージェント等は使っておりません。
・筆者は2018年に日本で入籍、2019年に最初の配偶者ビザを申請、2019年秋よりイギリス在住です。
・優先サービス(スーパープライオリティサービス)を利用しました。

 

 

提出(アップロード)した書類一覧

 

Proof of Identity
・申請者(私)のパスポート
・申請者(私)のBRPカード両面
・スポンサー(夫)のパスポート
・スポンサー(夫)の出生証明書(Birth Certificate)

→パスポートについては私・夫のものどちらも公証してもらいました。スキャンは個人情報のページだけでなく、イギリスに最初の配偶者ビザで入国した際のスタンプがあるページや、日本に一時帰国した際のスタンプがあるページなども含めました。

 

Proof of Application

・Family Declaration(印刷してサイン済み)
・Family Consent(印刷してサイン済み)
・申請者(私)のパスポート

→パスポートについては1でもアップロードしているのですが、Proof of applicationの欄にも提出書類の例として書かれていたので、重複しますがアップロードしました。


Other
・カバーレター(私がイギリスに来てからずっと一緒に住んでいること、私の英語力に問題がないこと、家族やコミュニティーに溶け込んでいることなどをA4一枚程度の手紙にまとめました)

 

Residence in the UK
・Land Registry(家を購入しているため、その家と土地が私たち夫婦のものであると証明するもの)
・申請者とスポンサーの両名宛ての手紙(Coucil Tax、家のローン支払いで開設したジョイントアカウント関連の手紙10通ほど)
・申請者(私)宛ての手紙(10通ほど。NHS、City Counsil、銀行などからの手紙。2~3ヶ月おきくらいのものをまんべんなく)
・スポンサー(夫)宛ての手紙(10通ほど。NHS、City Counsil、銀行、勤め先からなど。こちらも2~3ヶ月おきくらいのものをまんべんなく)

 

※手紙については、両名あてのものが2か所からしかなかった(市から・銀行から)ため、各々宛ての手紙を用意しました。正直ここまでたくさん提出しなくてもいいかなと思ったのですが、後から何か問題が発生するのも嫌だったので……。


Finance
・スポンサー(夫)のP60
・スポンサー(夫)のPayslip
・スポンサー(夫)のBank Statement
・モーゲージステートメント

※モーゲージステートメントは、住宅ローンを私たちが月々どれくらい払っているのかを示すために提出しました。

 

Life Event
・申請者(私)の戸籍謄本
・結婚証明書
・上記2つの翻訳版
・翻訳証明書
→ここまでは前回のビザ申請時に使用したものと同じデータをアップロードしました。

 

・これまでの2人の関係を簡単にまとめたもの(Wordで表を作り、PDF化しました)
→こちらも最初の配偶者ビザ申請の際に提出したもののデータが残っていたので、それに私が配偶者ビザでイギリスに来て以降のことを追記しました。コロナもあり特に2人のあいだに大きな出来事はなかったのですが、家を買ったことなどを書きました。

 

・これまでの2人の写真6枚ほど(Wordに貼り付け、PDF化しました)
→私が配偶者ビザでイギリスに来てから今回の更新申請までの機関について、時期をバラバラに。家のなかで撮ったものや公園で撮ったもの、夫の家族と一緒に映っているものなど、できるだけバラエティに富ませました(そこまで気にしなくていいと思いますが……)

 

Proof of BusinessとMedical Informationセクションには何もアップロードしませんでした。

 

Sponsor Employment
・スポンサー(夫)の会社からのカバーレター
・スポンサー(夫)の雇用契約書

 

Educational
・英語テスト(PTE Home A2)合格証明書
→前回のビザ申請時にはIELTSを受けたのですが、今回は家から試験会場が近かったPTE Home A2を受験しました。


書類のアップロードのタイミングと方法

ビザセンター訪問の予約を取るサイト(UKVCAS)で、予約完了後アップロード可能でした。




最後までお読みいただき、ありがとうございました!
もし参考になった、という方がいらっしゃいましたら、投げ銭いただけますととても喜びます!

ko-fi.com

おまけ:イギリス関連でおすすめの本

最後に、イギリス関連のおすすめの本をいくつかご紹介します。ビザ更新の手続きは面倒ですが、私は大好きな読書で適度に息抜きしながら頑張りました。

みなさんの申請が上手くいくことを心よりお祈り申し上げます!