ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

2022年6月読書記録まとめ(読んだ総作品数・ベスト/次点作品など)

みなさん、こんにちは!

 

6月はみなさんどんな本を読みましたか?私は日本に一時帰国していたこともあり、今月は日本の本もたくさん読めました。素敵な作品に出会えましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

1.読んだ作品数

今月読んだ総作品数:34作品

 

和洋の内訳:和書32作品、洋書2作品

 

※青空文庫で読んでいるものもあるため、総冊数ではなく、総作品数でカウントしています。また、外国語の作品を日本語に翻訳したものについては、和書としてカウントしています。

 

2.読んだ作品一覧

マスカレードゲーム   by 東野圭吾
ビジネスにも役立つYouTube完全マニュアル by    桑名由美
僕が殺した人と僕を殺した人    by 東山彰良
行動経済学まんが ヘユテコノミクス    by 佐藤 雅彦, 菅 俊一, 高橋 秀明
上意討ち    by 池波正太郎
フィンランドという生き方    
愚者たちの街   by  スチュアート・カミンスキー
スウェーデン 自立社会を生きる人びと by    岡沢憲芙・中間真一
殺気!    by 雫井脩介
六人の嘘つきな大学生 by    浅倉秋成
十八番の噺 by 落語家が愛でる噺の話    
もう一度ベートーヴェン  by   中山七里
欲望の名画    by 中野京子
転迷    by 今野敏
ポピュリズムに蝕まれるフランス   by  国末憲人
福家警部補の挨拶    by 大倉崇裕
いちばんやさしい コンテンツマーケティングの教本   by  宗像淳、亀山將
特捜本部    by 堂場瞬一
福家警部補の考察  by   大倉崇裕
過敏で傷つきやすい人たち  by   岡田尊司
外田警部、カシオペアに乗る   by  古野まほろ
現代経済学の直観的方法    by 長沼伸一郎
つるバラの選び方・育て方・仕立て方  by   村上敏
知りたい!ネコごころ    by 髙木佐保
99%の誘拐    by 岡嶋二人
人は悪魔に熱狂するー愛と欲望の行動経済学   by  松本健太郎
皇帝と拳銃と    by 倉知淳
奪還の日    by 堂場瞬一
福家警部補の追及  by   大倉崇裕
変幻    by 今野敏
やさしい死神  by   大倉崇裕
丑三つ時から夜明けまで  by   大倉崇裕
The Couple Next Door    by Shari Lapena
Not a happy family    by Shari Lapena 
眠れないほどおもしろい吾妻鏡  by   板野博行

 

 

3.ベスト・次点作品

私が選ぶ今月のベスト:六人の嘘つきな大学生 by    浅倉秋成

次点:福家警部補の挨拶    by 大倉崇裕

 

日本にいたこともあって、和書をたくさん読みました。もちろん洋書もいいですが、やっぱり日本の本はいいですね◎そしてやっぱり読むスピードが速いので、冊数もいきました。

 

ベストと次点を選ぶのは大変でしたが、自信を持っておすすめできる2冊を。

 

 

4.総括

いかがでしたか?今月後半はイギリスに帰っていたので、今後はまた洋書中心になるあなと思います。ぜひ、来月のレビューも楽しみにしていただけたら嬉しいです◎