雲川ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Liane Moriarty "The Last Anniversary" あらすじ・レビュー【洋書】

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、Liane Moriartyさんの "The Last Anniversary" という作品をご紹介します。

本の概要

・ISBN:9780060890681
・出版年:2006年
・出版元:Harper Paperbacks
・ページ数:388ページ

あらすじ

 ソフィー・ハニーウェルは、自分が逃がしたのはトーマス・ゴードンではないかといつも思っていた。彼は完璧なボーイフレンドだったが、プロポーズするはずだったその日、彼女は彼の心を壊してしまった。

 

1年後、彼は結婚し、ソフィーはそれ以来、致命的なまでに独身だった。マンロー・ベイビーの謎で有名なスクリブリー・ガム島にある彼の叔母コニーの家をソフィーが思いがけず相続したため、トーマスは彼女の人生に戻ってきた。

 

ソフィーは島に移り住み、誰もが秘密を抱えているような型破りな家族の一員として、新しい人生を歩み始める。若く美しい母親グレースは、完璧な人生からの衝撃的な脱出を懸命に計画していた。夢見がちなローズおばさんは、そろそろ自分自身で決断する時期なのではと思い悩んでいる。

 

感想

リアーンモリアーティーさんの初期の作品ということで、最近の作品とはまた毛色が違うなと思いました。ちょっとファンタジーっぽさがあるというか、YA作品っぽいかなとも。

 

それでも、謎の真相が明らかになるときの緊張感は良かったです。また、恋愛要素もあったり、一冊でさまざまな楽しみがありました。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。

 

★★★★☆(4/5)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!