ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Peter James "Left You Dead(Roy Grace, 17)" あらすじ・レビュー【洋書ミステリ・警察小説】

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、Peter James "Left You Dead(Roy Grace, 17)" という作品をご紹介します。


作品概要
著者について

ピーター・ジェイムズ

1949年、イギリスのブライトンに生まれました。作家としてだけでなく、脚本家や映画プロデューサーとしても活躍しています。代表シリーズ、警視グレースシリーズは世界で200万部のベストセラーとなり、26か国語に翻訳されています。

 

本の概要


・ASIN:B08NJZQQQ9
・出版年:2021年
・ジャンル:警察小説、警察捜査、ミステリ
・ページ数:436ページ(kindle版)
・シリーズ:Roy Grace, 17

 

あらすじ

ナイルとエデン・パテルノスターは、いつもと同じような日曜日を過ごす。長距離ドライブをして、田舎の家を訪れ、帰りに地元のスーパーマーケットに立ち寄るというもおのだ。

しかし、この日曜日はいつもと違う結末を迎える。彼女は車に戻って来もしなければ、家に戻ってもいなかったからだ。家族も友人も誰一人として彼女の消息を知らない。

跡形もなく消えた彼女の殺害の疑いでナイルは逮捕される。ロイ・グレース刑事が捜査のために呼ばれたとき、何もかもが見かけ通りではないことに気づくのに時間はかからなかった。そしてこれは彼にとって最も不可解な事件なのかもしれないことに気づく。

 

感想

グレースシリーズはこれまでにもたくさん読んできましたが、今作はかなりお気に入りになりそうです。事件の関係者はわずか3人。けれど想定外のプロットに最後まで飽きることなく読めました。私の好きな警察のブリーフィング(このシリーズでは、捜査チームがそれぞれに調べてわかったことを共有する場)がたくさん描かれていて楽しめました。また、一組の夫婦と、妻の上司という限られた登場人物というのも私好みでした。

グレースのプライベートにも更なる衝撃が……。元々、最初の妻サンディにどこか感情移入してしまう部分があったので、グレースの「いま」の私生活には興味がありませんでしたが、今回は少し目頭が熱くなりました。

 

5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★★(5/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!