雲川ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Susan Hill(スーザン・ヒル)のおすすめ作品〜プロフィール・Simon Serraillerシリーズ作品一覧と合わせて〜

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、イギリスのベストセラー作家である、Susan Hill (スーザン・ヒル)さんのおすすめ作品について、著者プロフィールや作品一覧と合わせてご紹介します。

 

私がレビューを書いた作品については、ブログ記事も一緒にご紹介します。

 

 

1.著者プロフィール

スーザン・ヒル
1942年、ノース・ヨークシャーのスカーバラで生まれました。小説『A Change for the Better』(1969年)や短編集『Cockles and Mussels』の中で、故郷のことが触れられています。

 

2.おすすめ作品

The Comforts of Home

あらすじ:

サイモンはスコットランドの離島で療養していた。しかし、平穏は長くは続かない。彼は、手薄な地元警察による殺人事件の捜査に巻き込まれたのだ。島民に人気のある新参者が不可解な死を遂げたのだ。島民の反応は複雑で儚い。

サイモンがラファートンに戻ると、放火犯が暴れまわり、数年前に娘が失踪した女性が警察署に出没し、事件の真相を探ろうとする。サイモンは未解決事件を調査するために呼ばれる。

家庭では、サイモンは新しい義理の弟を持つことに慣れ始めていた。警視正のキエロン・ブライトという形で。妹のキャットは新しい医療の道を歩み始め、甥のサムは自分の人生をどうするか考えている。そんな中、彼らの父親であるリチャードが再び姿を現す。

 

ybook.hatenablog.com

 

3.Simon Serraillerシリーズ作品一覧

Simon Serraillerシリーズのみをご紹介しています。
(ほかにも作品はありますが、今回は本シリーズのみとしています)


The Various Haunts of Men (2004)    
The Pure in Heart (2005)    
The Risk of Darkness (2006)    
The Vows of Silence (2006)    
The Shadows in the Street (2010)    
The Betrayal of Trust (2011)    
A Question of Identity (2012)    
A Breach of Security (2014)    
The Soul of Discretion (2014)    
Hero (2016)    
Old Haunts (2018)    
✓The Comforts of Home (2018)    
私のブログ記事はこちら

 

✓The Benefit of Hindsight (2020)
私のブログ記事はこちら


A Change of Circumstance (2021)

 

以上です!少しでもみなさんがSuzan Hill(スーザン・ヒル)さんを知るきっかけになれば嬉しいです!