ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリス配偶者ビザ申請:(5)かかった費用について【2019年】

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

これまでnoteに掲載していたイギリス配偶者ビザ申請時のことについて、時間が経ったためこちらのブログで公開することにいたしました。

※内容は2019年(6月申請・8月ビザ受領)のものです。ルール等変わっていると思いますので、あくまで一個人の過去の経験談であることをご理解ください。また、読者様のビザ申請が通ることの保証は全くできかねますのでご了承ください。

 

年々申請費やらIHS費用やらが上がり、申請者を苦しめるイギリス配偶者ビザですが、申請にかかった費用の一つのサンプルとして私の場合をご紹介いたしますので、これから申請される方の少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

合計

474,903円

約50万円です……。

ほかの皆さんも書いていらっしゃるように、申請だけで結構げっそりです…。様子を見ていると、申請料が上がることはあっても下がることはなさそうなので、移住を決めている方は早めのほうが良いかもしれません……。

 

ビザ申請

・ビザ申請料:223,881円

・IHS支払い費用:174,000円

※私たちは優先サービス(プライオリティサービス)や弁護士・エージェントは使っていません。優先サービスは+8万円くらいかかるようです。

 

英語能力証明関係

・IELTS Life Skills A1受験料:約25,000円

※いま確認したら、2019年2月から少し安くなっているみたいですね!私は2018年の12月に受験したので、改定前の少し高めの料金でした……。

 

教育証明関係

・大学の卒業証明書、成績証明書取得にかかる郵便代:280円(140円×往復分)

※私の卒業した大学では、証明書の請求自体は無料でした。

※こちらの書類は不要だった気もします……。夫に出してみない?と言われ用意しましたが、ほかの方のブログを見ると、提出している方はいないように思えました……。

 

交際証明関係

・戸籍謄本取得(1通):450円

・婚姻届け受理証明書取得(1通):350円

※いずれも市役所で取得しました。

※いずれも日本語のものですので、翻訳していただきました。

 

財政証明関係

・英文残高証明書:1500円(750円×2通)

・取引明細証明書(和文):1512円(216円×7か月分)

※いずれも銀行の窓口で取得しました。

※取引明細証明書は、和文しかないと言われてしまったため、翻訳していただきました。

 

翻訳代金

・戸籍関係(翻訳会社:コスモポリタンビレッジ様):9,720円

・財政関係(翻訳会社;グローヴァ様):34,560円

※異様に高いです…。本当に、これもっと交渉できたんじゃないかなと悔やんでなりません……。

 

EMS代金

・3650円(地域:ヨーロッパ、重さ:1.25kgまで)

 

その他

・●円、とはっきり計算できないものですが、諸々のコピー代、交通費等もありますので、上記にプラスしてかかっております。

 

 

以上です。少しでもお役に立てれば幸いです。