ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリス配偶者ビザ申請:(2)東京ビザセンター訪問【2019年】

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

これまでnoteに掲載していたイギリス配偶者ビザ申請時のことについて、時間が経ったためこちらのブログで公開することにいたしました。

※内容は2019年(6月申請・8月ビザ受領)のものです。ルール等変わっていると思いますので、あくまで一個人の過去の経験談であることをご理解ください。また、読者様のビザ申請が通ることの保証は全くできかねますのでご了承ください。

 

今回は、ビザセンター訪問時のことについて書きたいと思います。

 

①アクセス(JR新橋駅からの行き方)

・JR新橋駅汐留口改札から出ます
・都営大江戸線汐留駅方面へ進みます(日テレやタワレコが見えます)
・8番出口へ向かいます
・出口から出たら直進し、信号のところで右折します
・高架下のトンネルを抜け、さらに直進すると右手奥に目的の建物(エディフィチオ東京)が見えてきます
・エレベーターで4階までのぼります

 

②当日の持ち物

※個人差があると思いますし、ルールは頻繁に変わりますので、こちらは特にオフィシャルの情報を確認してください。

・オンライン申請書をプリントアウトしたもの※1
・Appointment Confirmation
・ビザセンター予約メール※2
・パスポート※3

※1:要サイン・日付記載×2か所、1ページ目に顔写真を貼る箇所がありますが、貼らずに提出しました。何も言われませんでしたので、おそらくビザセンターで撮影した写真が使用されるのではないかと思います。


※2:念のため持っていきましたが、見せる機会がありませんでした……。

※3:パスポートは回収されますのでご注意ください。後ほども記載しますが、パスポートを直接受け取りに行く場合、事前にパスポートをコピーしておく必要があります。

★私はそのほかに、ビザセンター訪問後にイギリスにいる夫へ提出書類を送るため、それらも持っていきました。

③当日の流れ


*まずビザセンターに到着すると、警備員の方がいらっしゃるので、そこで用件を伝え、鞄の中身のチェックとボディチェックが行われます。

*その後、番号札を取って中へ行きます。椅子があるので、自分の番号が呼ばれるまで待機します。

*番号が呼ばれたら、窓口へ行きます。パスポートとオンライン申請書をプリントアウトしたものを提出し、いくつかオプションなどを確認されます。ちなみに、申請書は1枚目のみ回収され、あとは返却されました。

*しばらく係の方が手続きをしますので、それが済むまで再度椅子で待機します。10分も待たずに再度呼ばれ、最後の確認が終わります。

*最後に指紋採取と顔写真の撮影があります。
私の場合、かかった時間はトータルで20分程だったと思います。

④感想·アドバイス

色々と不安だったビザセンター訪問ですが、大きな問題なく終えられたので、本当に良かったです。アドバイス、というと偉そうですが、少しでもこれから申請される方のお役に立てればと思い、いくつか書いて置きます。

*パスポート受取(結果)を直接センターへ来る場合、パスポートの事前コピー必須です。
→パスポート原本は回収されてしまうためです。

*予約時間は遅すぎない方が良いかもしれません。
→私は優先サービスを利用しなかったので、恐らく予約できる時間が限られていた(本当のところはわかりませんが··…)ので、早めの時間だったのですが、時間が進むにつれてビザセンターに来る人が多くなり、結構時間も後ろ倒しになっている印象を受けました。


また、当然なのですが、ピザ申請といっても色々な種類があり、こんなにも多くの人がイギリスへ行きたいのだと思い知らされました·…。

*持参すべきか迷った書類は持っていく
→ただでさえわかりにくい公式の情報ですが、やはりそれが一番なので、何度も公式のサイト(イギリス政府や vsf) を確認することが第一なのですが、ピザセンターへ持参すべきか迷った書類はすべて持っていって良いと思います。

というのも、実際私がセンターにいたときに、忘れ物?をしている方がおり、一度席立とうとしていたのですが、係の人日く、「一度中断して 15分経つと次の人の番になる」そうですので、注意が必要だなと感じたためです。

以上です。

実際にビザセンターを訪れる際は緊張されるかもしれませんが、この記事が少しでもこれから申請される方のお役に立てればいいなと思います。

 

 

 

 

以上です。少しでもお役に立てれば幸いです。