ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

26歳、イギリスで乳がん検診(マンモグラフィ検査)を受けました

こんにちは!
今回は、読書に関するお話ではなく、イギリス生活で体験したことをご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210120195310j:plain

 

タイトルの通りなのですが、私は、先日イギリスで乳がん検診を受けました。
需要があるかわかりませんが、将来どなたかの参考になればと思い、残しておこうと思います。


※こちらはあくまで一個人の体験談としてお読みください。情報は日々変化しますし、状況は個人によって違うと思います。「これって乳がんかも?」と思われた方は、必ず、NHSのHPを確認したり、公式の情報を集めるようにしてください。

 

 

1.受診の経緯


まず、私は受診当時26歳でした。イギリス(以後、イングランドを指すこととします)で乳がん検診が必須となるのは50歳からですので、普通であれば受信できないのですが、ちょっと気になる症状がありましたので、受診を検討しました。


私は幸い、イギリスに来て1年ほどのあいだにお医者さんにお世話になったことがなかったので、今回が初めてとなりました。
以下詳しく書きますが、大まかな流れとしては、GP受診→紹介状を出してもらう→専門医にて乳がん検診、でした。

 


2.まずはGPへ


プライベートの病院に行っている方はまずそちらに、という流れかもしれないのですが(詳しくなくて申し訳ありません)、そうでない場合はGPに相談します。私は2020年10月下旬にGPのアポイントメントを取りました。とはいえ、コロナの影響で、対面での診察ではなく、電話での診察(というより相談)でした。


私のGPは、予約は数日以内に取れましたが、地域によって状況はちがうかもしれません。実際、私の場合は調べた翌日でも枠は空いていたのですが、できれば女医さんがいいなと思っていたので、数日後の予約となりました。


予約当日は、スマホを持って待機。予定の時間より20分くらい遅れて電話がかかってきました……。私の枠は最大20分までOKでしたが、実際話していたのは10分にも満たなかったと思います。


気になる症状は予約時に入力していましたが、それを詳しく話し、先生から質問されればそれに答える、といった具合に進みました。実際に先生に症状を診てもらえないのが不安でしたが、「紹介状を書きます」ということで、専門医につないでもらえることになりました。
とはいえ、10月下旬にGPの電話診療があり、専門医に行ったのは12月中旬でした。これも、イギリスがロックダウンに入ってしまったことが理由のようです。

 


3.専門医受診


12月頭、ロックダウンが解除された直後に、町の総合病院から電話があり、私の予約が決まったと連絡を受けました。12月中旬に、Breast Care Unit(総合病院の、日本でいう乳腺外科、みたいなところでしょうか)で検査します、とのこと。
予約日時が書かれた手紙が送られてくる、と言われていましたが、受診日の2日前くらいに家に届きました。


大きな病院というのもあると思うのですが、そのユニットだけでも、結構患者さんがいました。上記の通り、50歳以上の方が検査の対象となるため、ご年配の方が多かったですが、中には、私のような20代くらいの女性もいました。ちなみに、こちらもコロナの影響で、中に入れるのは予約者のみ。付き添いはよほどの理由がない限り許可されていませんでした(外で待つのはOKのようでした)。
なお、待合場所の椅子は間隔がしっかり空いていました。

 


4.検査の流れ


まず、女医によるカウンセリングと触診がありました。看護師さん一人もいました。GPからある程度情報は伝わっていると思いますが、詳しく説明していきます。私は初めての病院ということで、頭が真っ白になるかもと思い、専門用語は念のため、あらかじめメモしておきました。


やさしく話を聞いてくれたのでよかったです。
女医さんは、「たぶん大丈夫だと思うけど」と言ってくれましたが、念のためマンモグラフィ検査をすることに。


他にも何人もいたからだと思いますが、検査まで15分くらい待ちました。
そして、名前が呼ばれ、検査室へ。検査技師2人(若手の女性と、ベテランの女性)、そしてアシスタントの方が一人いました。検査台に横になり、検査開始です。ここでも、異常なしとのことでした。

 


5.費用


GPから、専門医受診まで、今回は費用はかからず済みました。配偶者ビザ取得の際に、あらかじめIHS(Immigration Health Surcharge)として健康保険料を支払いますので、無料となります。

 


6.今後


マンモグラフィ検査のあとは、30分くらい待って、最初に話した女医さんとの再度カウンセリングがありました。触診とマンモグラフィ検査の結果、乳がんではないだろう、とのことでしたが、念のため3ヶ月後に再度受診することになりました。
受診結果シートのようなもの(紙一枚)を受け付けの箱に入れ(これで次回の予約などを処理してくれるようでした)、帰宅しました。5.費用、で述べた通り、支払いはありません。

 

 
7.まとめ


今回は、ロックダウンとも重なり、GP受診から専門医での検査まで時間があきました。仕方のないことですが、もっと急を要する場合だったら、不安ですよね。
2021年3月に、再度受診する予定です。こちらは、12月の受診後すぐに手紙で予約完了のお知らせがありました。そこは仕事がはやくてよかったです。


また、なにか役に立ちそうな情報がありましたら、シェアできればと思います!