ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Dorothea Benton Frank(ドロシア・ベントン・フランク)"The Christmas Pearl" あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、Dorothea Benton Frank(ドロシア・ベントン・フランク)さんの"The Christmas Pearl" という作品をご紹介します。

 

  

 

 
作品概要

著者について

 

ドロシア・ベントン・フランク

デビュー作「サリバンズ・アイランド」がNYタイムズのリスト9位となり、現在では100万部を超える部数を記録しています。その後の小説もNYタイムズのベストセラーリストに掲載されています。彼女はチャールストン大学の名誉博士号(Humane Letters)とブルームフィールド大学の美術博士号を取得している。料理に熱心で、そのほか、読書や旅行を趣味としています。

 

本の概要


・ISBN:9781471140143
・出版年:2007
・出版元:William Morrow
・ジャンル:一般フィクション
・ページ数:176ページ(ハードカバー)
・英語の難易度、特徴:会話が多め、それほど難易度は高くありません。クリスマスに関連する言葉が多く出てきます。
・テーマ、キーワード:クリスマス、家庭、家族、休暇フィクション
・おすすめする人:心温まる小説を読みたい方、クリスマスの雰囲気を味わいたい方

 

あらすじ

今や、セオドラはバラバラになってしまった家族の家長である。彼女は家族とクリスマスを祝うためにサウスカロライナ州の自宅で準備に励んでいる。彼女の子どもの頃の贅沢で家庭的な休暇を思い出しながら。しかし実際に家族が集まってみると、そこで起きたのはけんかだった。

クリスマスは、家庭料理のおいしさでテーブルがいっぱいになる日のはずなのに。いったい何が起こったのか。彼女の味方であるパールと暖炉の前で長いおしゃべり。パールは彼女の祖母の最愛の家政婦であり、最も親しい友人だ。

幸いなことにセオドラには、彼女の嘆願を聞いてくれた特別な人がやってきた。彼女のクリスマスを愛に満ちた奇跡のクリスマスにするために、十分な魔法をもって。

 

感想

この作品は、セオドラという93歳の女性の物語で、その家族はバラバラになる寸前のところにいます。彼らはみんな完全に自己中心的で、ただただ惨めな思いを持っている人たちです。セオドラの家族全員(子供、孫、ひ孫)がクリスマスを彼女と一緒に実家で過ごすために来て、クリスマスイブにみんなが怒鳴り散らすという最悪の事態になってしまいます。私は、家族同士でここまで残酷になれるのか、と少しショックを受けました。

 

テオドラの過去からの "特別な "人が驚くべき訪問を行い、彼女、そして彼女の家族のクリスマスを魔法のようにすばらしいものにしていきます。この物語の中で私が一番好きだったのは、パールとセオドラが一緒にいるシーンでした。私は、著者が、女性の愛とお互いへの尊敬を作品のなかで示していると感じました。

 

また、クリスマスがもっとシンプルだった頃の彼女たちの過去を一緒に振り返ったとき、私はそれがすごくあたたかくていいなあと思いました。この本を読みながら、私は今の多くの人(私自身を含む)がクリスマスをいかに商業的に消費してきたかということに思いをめぐらせました。

 

もちろん、あたたかな休暇がテーマであり、最終的にはハッピーエンドを迎えます!登場人物たちはみんな、自分の過ちに気づいていきます。そして、人生で本当に大切なものは何かに気づくのです。物語はある意味予測可能ですが、読者を素敵な、良い気分にさせるのに大きな価値を持っていると感じました。

 

 

一言キャッチフレーズ

クリスマスの魔法をめしあがれ

 


5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★☆☆(3/5)

 

穏やかで温かな物語。大きな事件はおきませんが、その雰囲気がまさにクリスマスにぴったりです。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました!