ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Tana French "The Searcher" あらすじ・レビュー

こんにちは!

今回は、Tana French "The Searcher"という作品をご紹介します。

 

f:id:yuzubook:20210701194844j:plain


作品概要
著者について

タナ・フレンチは、「In the Woods」、「The Likeness」、「Faithful Place」、「Broken Harbor」、「The Secret Place」、「The Trespasser」、「The Witch Elm」などの作品で知られる、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家です。彼女の作品は、エドガー賞、アンソニー賞、マキャビティ賞、バリー賞、ロサンゼルス・タイムズ賞のベスト・ミステリー/スリラー賞、アイルランド・ブック・アワードのクライム・フィクション賞などを受賞しています。家族とともにダブリン在住。

 

本の概要


・ISBN-10 ‏ : 073522465X
・ISBN-13 ‏ : 978-0735224650
・出版年:2020年
・出版元:Viking
・ジャンル:サスペンス
・ページ数:464ページ

 

あらすじ

退職した刑事のCal Hooperは、アイルランドの片田舎の村に引っ越してきた。彼の計画は、購入した荒廃したコテージを修理し、山を歩き、昔の警察官としての勘を永遠に捨て去ることだった。

そんな中、地元の少年が彼に助けを求めてきた。彼の兄が行方不明なのだが、村の誰も、特に警察は気にかけていないようだ。そしてまたしても、Calは落ち着きのない感情に襲われる。

このコミュニティでは何かが間違っており、彼はその原因を突き止めなければならない、たとえそれが彼のドアにトラブルをもたらすとしても。

 

感想


最初はなかなか物語の世界観に入っていくのが難しかったですが、主人公Calの真摯な姿、じっくり優しく少女に向き合う姿に感動しました。最後はもうちょっとひねりや驚きがあったらいいなと思ったけれど、また他の作品とは一味違ったおもしろさを楽しめました。物語の中心ではないけれど、ビーグルの子犬が出てくるシーンはとってかわいかったです!

 

 

一言キャッチフレーズ

元警官が探し出したものとは……


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★☆☆(3/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!