雲川ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Colin Dexter “Death Is Now My Neighbour” あらすじ・レビュー【洋書ミステリ・警察小説】

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、Colin Dexter “Death Is Now My Neighbour”という作品をご紹介します。

 

作品概要
著者について

コリン・デクスター
「モース警部」の小説で知られるイギリスの犯罪作家である。2000年、文学への貢献が認められ、大英帝国勲章オフィシエを授与された。

 

本の概要

・ISBN: 9780330350341
・ジャンル:警察小説、ミステリ
・ページ数:368ページ
・シリーズ:Inspector Morse #12

 

あらすじ

若い女性の殺人事件、17世紀の暗号のような愛の詩、そして謎の白髪の男の写真……。

 

モース警部が殺人犯を追うには十分すぎる証拠が残っていた。
その足取りはロンズデール大学にまで及び、そこではジュリアン・スターズとデニス・コーンフォード博士の間で、誰もが憧れる校長の座をめぐる争いが過熱していたのである。

 

感想

モースシリーズも終盤になってきました。今回も事件の謎と人間関係の妙を楽しむことができました。ほかの作品よりも読みやすかったかなと個人的には思います。

 

舞台は相変わらずオックスフォードということで、今作もまたオックスフォード大学が絡んできました。町と大学の歴史や関係の深さを、この一冊からも感じられました。

 

モースの個人的な問題も少し深刻というか、これからあとシリーズ残り2作品となって、最後はどのようになるのだろうかと気になりました。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。

 

★★★★☆(4/5)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!