ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

M.R.C. Kasasian "The Mangle Street Murders" あらすじ・感想

こんにちは!

今回は、M.R.C. Kasasianさんの "The Mangle Street Murders"という作品をご紹介します!

 

f:id:yuzubook:20210127205356p:plain

 

作品概要
著者について

 マーティン・カサシアン:

「ガウアー街の探偵」シリーズで知られるイギリスの作家です。イングランドランカシャー州で生まれ育ちました。工場の作業員、ワインウェイター、獣医の助手、縁日の店員、歯医者など、これまでさまざまな職業を経験してきました。妻と一緒に、夏はサフォーク、冬はマルタの村に住んでいます。

 

本の概要


・ISBN:9781781851845
・出版年:2013年
・出版元:Head of Zeus 
・ジャンル:ミステリ、探偵もの
・ページ数:336ページ(ハードカバー)
・シリーズ:The Gower Street Detective #1
・英語の難易度、特徴:会話文が多い場面もあり、そこは読みやすい。グライスのブラックユーモアは文化や歴史への理解が必要かもしれません。
・テーマ、キーワード:ミステリ、個人探偵、19世紀イギリス、ロンドン
・おすすめする人:クラシックな雰囲気がお好きな方、型破りな探偵がお好きな方

 

あらすじ

1882年、ロンドン・ガウアー通り
シドニー・グライス(ロンドンで最も有名な個人の刑事)は、訪問客を待っている。
彼は朝の紅茶をすでに何杯も飲んでいて、外をちらりと見た。そこには、若くて地味な女性が家のドアの前に立っている。

シドニー・グライスの被後見人として現れた彼女の名前は、マーチ・ミドルトン。彼女は彼の次の事件に関して彼を助ける決心でいた。
グライスは女性では事件に立ち向かうのにあまりに弱いと思っていた。しかし、スラムで起きた恐ろしい殺人がシドニー・グライスの百科事典のような脳であっても難しいとわかったとき、彼女がむしろ役に立つことを知るのだった。

 

 

感想

ヴィクトリア朝時代のイギリス・ロンドンが舞台となり、いぶし銀の個人探偵・シドニーグライスと彼の若い被後見人であるマーチミドルトンがメインキャラクターであるこの作品は、とても面白かったです。シャーロックホームズとワトソン的な二人組として活躍します。

探偵として成功したシドニーは、無礼で、思いやりがなく、自分が常に正しいと信じている、ある意味救いようのないキャラクターです。そのままでは作品を読むのが苦痛に思えそうですが、この小説が他と違うのは、彼とマーチの間で交わされるウィットに富んだ会話と、マーチが十二分に彼女の力を発揮しているところです。

楽しくて、変わっていて、面白い事件。このミスマッチだけど面白い二人。

 

犯罪やミステリーの要素は、遺体安置所やスラム街など、ロンドンの暗く残酷な側面を読者に見せてくれます。プロットはうまくまとめられていて、たくさんのひねりと転回、素晴らしい対話があり、またディテールも凝られていました。

 

ミドルトンのことをもっと知りたいということ以外にも、グライスが変わるのかどうか、むしろ彼に対する私たちの認識が変わるのかどうかも気になります。次の作品も読んでみようと思います。

 

一言キャッチフレーズ

新たな探偵コンビ誕生か……?


5段階評価(おすすめ度)


※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★★☆(4/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!