ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

目莞 ゆみ 『フィンランドという生き方』概要・レビュー

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、目莞 ゆみ 『フィンランドという生き方』という作品をご紹介します。



本の概要


・ISBN:4845905833
・出版年:2005年
・出版元:フィルムアート社
・ジャンル:ヨーロッパ地域研究
・ページ数:253ページ

概要

GNP世界一、教育水準世界一、高福祉社会、世界のサプライズ。自然と福祉のハーモニー。(Amazonより引用)

 

感想

表紙の女の子の素敵さに惹かれて手に取ってみました。また、元々北欧には興味を持っていたので(とはいえ、北欧のダークな部分も見聞きする機会が増え、学生時代のような北欧へのあこがれは少し減ってしまいましたが)、楽しみに読みはじめました。

 

教育や福祉、働き方に恋愛、料理など様々なフィンランドの側面がのぞけます。しかし内容が興味深いだけに、文章のまとまりのなさが残念でした。引用の部分は、もちろん引用とわかるのですが、その示し方がちょっとわかりにくかったり、筆者の文体が一貫していないように感じてしまいました。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。


★★★☆☆(3/5)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!