ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリス・ケンブリッジが舞台のミステリー小説7選

こんにちは!

みなさんは、イギリスのケンブリッジと聞いて、何を思い浮かべますか?ケンブリッジ大学が有名なこの都市ですが、実はここが舞台になったミステリー小説もたくさんあるんです!そこで今回は、イギリス・ケンブリッジが舞台のミステリ作品のおすすめを7冊ご紹介します!

 

f:id:yuzubook:20210710001030j:plain


 

 

1.Death of an Expert Witness by P D James

あらすじ:

少女の死体が野原で発見されたとき、ホガットの法医学研究所のスタッフにとって、遺留品の科学的検証は日常的な仕事にすぎなかった。しかし、自分たちの仲間の残忍な死を前にしては、何も準備できなかった。上級生物学者の死体が研究室で発見され、ダルグリーシュ司令官はイースト・アングリアの荒涼とした沼地に呼び出される。

 

2.Dear Amy by Helen Callaghan

あらすじ:

Margot LewisはThe Cambridge Examiner誌で彼女のアドバイスコラム「Dear Amy」をもっている。様々な種類の手紙が寄せられるが、彼女が今受け取ったような手紙はこれまでなかった。

親愛なるエイミー。
私は自分がどこにいるのかわかりません。私は誘拐されて、見知らぬ男に監禁されています。殺されるのではないかと思っています。
どうか早く助けてください。
ベサン・エイブリー

ベサン・エイブリーは何年も前から行方不明になっている。これはきっと何か残酷ないたずらなのだろう。しかし、多くの手紙が届くにつれ、公開されていない情報が含まれていることがわかる。なぜこんなことが起こるのか?この質問に答えることは、マーゴットのすべてを犠牲にすることになる...。

 

3.Case Histories by Kate Atkinson

あらすじ:

ケース1 夜中に少女が行方不明になる。

ケース2 若くて美しいOLが、無差別に襲われる。

ケース3 新米の母親は、自分で作った地獄に閉じ込められていることに気づく。赤ん坊はとても欲しがり、夫はとても要求が多い。

最初の事件から30年後、私立探偵のジャクソン・ブロディが3つの事件を調査し始めると、驚くべき関連性と発見が浮かび上がってくる。

 

4.The Water Clock by Jim Kelly

あらすじ:

雪に閉ざされたケンブリッジシャー・フェンズの荒涼とした風景の中、凍った川から一台の車が引き上げられる。その中には氷の塊に閉じ込められた男の切断された死体があった。

 

その後、イーリー大聖堂の上で、石造りのガーゴイルに乗ったグロテスクな第2の死体が発見される。腐乱した死体は30年以上も放置されていたという。科学捜査の結果、2人の犠牲者が1966年に起きたある恐ろしい事件に関連していることが判明し、地元記者のフィリップ・ドライデンは大きなネタを掴んだと確信する。しかし、彼の調査によっていくつかの不穏な真実が明らかになるにつれ、それらは2年前のフェンス地方のある恐ろしい霧の夜のことを指し示していた。その夜は、ドライデンの人生を大きく変えた...。

 

5.Nine Lessons: A Josephine Tey Mystery by Nicola Upson

あらすじ:

ハムステッドのセント・ジョンズ教会に呼び出されたアーチー・ペンローズ警部補は、これまでのキャリアの中で最も大胆かつ異常な殺人事件に直面する。教会のオルガン奏者の遺体が開かれた墓から発見され、荘園の写真と暗号のようなメモが添えられていた。その写真を頼りに、アーチーはケンブリッジへと向かう。秋の澄んだ空気に包まれた古い大学と街には、活気が満ちていた。

 

6.The Widow by Fiona Barton

あらすじ:

ジーンは、夫が犯したと疑われた罪について、長年にわたって語らなかったことがたくさんある。彼女は完璧な妻であることで精一杯で、非難の視線や匿名の嫌がらせに耐えながら夫を支えていた。
しかし、夫が亡くなった今、黙っている理由はない。彼女の話を聞きたい人たちがいるのだ。あの男との生活がどんなものだったかを知りたいのだ。彼女は、秘密があったことを伝えることができる。結婚生活には常に秘密がある。

誰もが望むのは真実だ。しかし、ジーンがこの数年で学んだことは、人は何でも信じてしまうということだ...。

 

7.Cambridge Black by Alison Bruce

あらすじ:

未解決の事件が解決されるのを待っている......そして、殺人者も待ち構えている。

エイミーが7歳のとき、父親が殺人容疑で逮捕された。しかし22年後、父の無実を示す新たな証拠が見つかり、エイミーは父の汚名を晴らすために行動を起こす。

しかし、過去に悩まされているのはエイミーだけではない。ゲイリー・グッドヒュー警部は、祖父が殺害された日のことが忘れられず、祖父の死の真相を明らかにし、犯人を見つけようと、今も答えを探し続けている。

しかし、今まさに、誰かが死のうとしているときだった。秘密を持ち、かつては黙っていたが、今は借り物の時間で生きている誰か。過去をかき乱すことで殺人鬼を目覚めさせてしまったために、殺されてしまう人がいるのだ。(Amazonより引用)

 

 

以上です!いかがでしたか?

風光明媚なケンブリッジの世界を、ぜひ小説で楽しんでみてはいかがでしょうか?