ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリスの郵便配達事情~日本と違って驚くことも~

こんにちは!イギリス在住ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

今回は、イギリスの郵便配達事情と、実際に私が経験した宅配トラブルについてご紹介します。

 

 

イギリスの郵便配達事情

日本の丁寧な郵便配達・宅配に慣れていると、やはりどうしてもイギリスの場合は雑に感じてしまうことがあります。幸い、私は「手紙や荷物が届かない」「紛失」というのはまだ経験していませんが、他の方のブログなどを読むとそれもあるようです。

 

イギリスならでは、というか日本ではあまりないな、と思ったことの1つが、受取人が不在の場合配達物が隣の人(隣の部屋の人)に預けられる、ことです。私も一度、日本から船便で送った大きな段ボールがお隣さんに預けられていたことがありました。幸い、きちんと不在票も入っていましたし(紛失する場合もあるそう……)、お隣の方もちゃんと預かってくださっていたので無事に受け取ることができましたが、「もし明けられたら」と思うとやはり不安ですよね。

ちなみに私は、逆にお隣の方の荷物を預かったこともあります。

 

お隣ではなく、郵便局に預けられるパターンもあるようです。

 

 

荷物を庭に投げ込まれる

これは私も経験したことがあるのですが、不在時に荷物が庭に投げ込まれていたことがありました。割れ物ではさすがにしないと思いますが、それでもやっぱり雑に扱われているなと思うと悲しいですよね。ちなみに、そのときは「庭に置きました」などの連絡も一切ありませんでした。

もちろん自宅の庭なのですぐに気がつきますが、それでも外に置かれていたかと思うと……。

 

荷物を玄関の外に置かれる

そのように指定していないにもかかわらず、荷物を玄関の外に置かれたことがありました。ちなみにそのとき私は在宅。ノックが聞こえる位置にいましたが、それも一切ありませんでした。荷物の配達完了というメッセージが夫の携帯に届き、夫が私に連絡をくれたので気づきましたが、そうでなければ気づかずにずっと玄関前に置かれていたと思います。

 

 

あと、これはおまけというか、大きなことではないのですが(変なことで炎上するのも避けたいですし……)、荷物のドライバーさんのなかには英語が苦手な方もいらっしゃいました(自分ももちろん完璧ではありませんが)。一生懸命お仕事してくださっているので文句は言えませんが、コミュニケーションって、難しいですよね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!