ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

【文学の国!】イギリス文学ゆかりの街、スポットを作家や作品とともにご紹介!

こんにちは!

みなさんは、イギリス文学がお好きですか?今回は、イギリス文学にゆかりがある街や都市をその作家や作品とともにご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210309192357j:plain

 

1.ロンドン

イギリスを代表する偉大な作家の一人、チャールズ・ディケンズは、ポーツマス生まれですが、その後ロンドンに引っ越し、1837年3月25日から1839年12月までを過ごした家は、現在ディケンズ博物館となっています。

 

主な作品:

チャールズ・ディケンズ『オリバーツイスト』

 

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッドコパフィールド』

 

2.バース

イングランド南西部に位置し、緑豊かなバース。ジェーン・オースティンはバースにて約5年間過ごし、ここでの生活が彼女の小説に影響を与えたとも言われています。

 

主な作品:

ジェーン・オースティン『ノーサンガー・アビー』

 

3.トーキー

イギリスが生んだミステリの女王、アガサ・クリスティは、イングランド南西部のデヴォン州・トーキーに生まれました。

 

主な作品:

アガサ・クリスティ『ABC殺人事件』

 

アガサ・クリスティ『スリーピング・マーダー』

 

4.ソーントン、ハワース(ヨークシャー)

イングランド北部を代表する作家といえば、エミリー・ブロンテ、シャーロット・ブロンテのブロンテ姉妹ではないでしょうか。リーズという大きな都市の近くにあるこれらの地は、ムーアが広がっています。

 

主な作品:

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

 

 

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』

 

 

5.エディンバラ

エディンバラ出身として有名なのが、シャーロックホームズを生み出した、コナン・ドイル。彼が残したシャーロックホームズシリーズの4つの長編小説を以下にご紹介します。

 

A Study in Scarlet-緋色の研究


The Sign of Four - 四つの署名

 

The Hound of the Baskervilles - バスカヴィル家の犬

 

The Valley of Fear - 恐怖の谷

 

 

以上です!様々な地域性があり、そこで豊かな小説がたくさん生まれたのですね。ぜひ、気になる本を手に取ってみてくださいね!