ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

イギリスの大手出版社10選~歴史・特徴・有名作品など~

 

こんにちは!

今回は、イギリスの大手出版社を10社をご紹介します!英語の辞書や英語のテキストなどで、日本にお住まいの方々にもなじみのあるものもあるかもしれません。歴史のあるイギリス出版界。各社の特徴とともにご紹介します!

 

 

f:id:yuzubook:20210119165341j:plain

 

 

1.Penguin Random House

歴史:

1935年に創業、2013年には24億ポンドを投じて、もうひとつの業界大手であるランダムハウスと合併し、世界最大の出版社を誕生させました。両社は、ペンギン・ランダムハウスとして合併することで、デジタルパブリッシングに投資し、その可能性を十分に実現するために必要な力を得ています。

 

特徴:

出版社の代名詞、業界最大の出版社ともいわれているペンギングループ。英国の書籍市場で約25%のシェアを誇っています。200以上の部門やインプリントを有しています。実際の出版統計では、ペンギン・ランダムハウスは年間15,000冊以上の書籍を発行し、印刷物、オーディオ、電子書籍を年間約8億部販売しています。

 

有名作品:

The Testaments by Margaret Atwoodなど



 

2.Hachette Livre

歴史:

アシェット・リヴルは約200年前にフランスで設立されましたが、英国のフィクションやノンフィクションの分野では古くからの大手出版社となっています。

特徴:

アシェット社はソーシャルメディアを積極的に活用しており、Twitter社と提携して、著者の見解を紹介するビデオ放送シリーズ「#WhereIWrite」を実施しています。ダグラス・アダムス、ケイト・アディ、イアン・ランキンなどの有名な作家の本を印刷しています。150以上のインプリントを擁しています。現在では年間約2万冊の本を出版していますが、これはペンギンランダムハウス社よりも多い数です。

 

有名作品:Talking to Strangers by Malcolm Gladwellなど

 

3.HarperCollins

歴史:

1819年にWilliam Collins & Sons社としてスタートしました。過去には、アガサ・クリスティなどの伝説的な作家と仕事をしてきました。120以上のインプリントを持ち、そのほとんどが米国に拠点を置いています。

特徴:

作品のバラエティの豊かさがハーパーコリンズが誇る特徴の一つです。定評のある作家から新進気鋭の作家まで、また教育関係のタイトルも出版しています。伝統的な出版社としての輝かしい歴史を持つ一方で、時代の流れにも敏感で、数年前のクリスマスには、10万冊以上の電子書籍を販売し、1日のデジタルダウンロード数の記録を更新したこともあります。

 

有名作品:Girl, Stop Apologizing by Rachel Hollisなど

 

4.Faber Independent Alliance

歴史:

2006年、インディペンデント・アライアンスは、独立系書籍販売者がビジネスを促進し、売上を伸ばすことができるように、条件の引き上げ、販売促進、主要作家の作品の専用プロモーションなど、独立系書籍販売者向けのさまざまな特典を発表しました。出版社と書店は、中央集権的な市場において、Independence(独立性)、Integrity(誠実さ)、Quality(品質)、Lange(幅広さ)という共通のコアバリューを持つユニークな組織となっています。

 

特徴:

数々の賞を受賞したFaber Independent Allianceは、出版業界における先駆的な存在です。数は力なりの精神で、いくつかの独立系出版社(Faber and Faber、Canongate、Granta Booksなど)が手を組み、単独の大手出版社に対抗できる影響力のあるコミュニティを作っています。

 

有名作品:Klara and the Sun by Kazuo Ishiguroなど
 

 

5.Pan Macmillan

歴史:

1843年にマクミラン社として設立されました。ルイス・キャロルなど、当時の代表的な作家の作品を出版し、後に学術出版社としての地位も確立しました。

特徴:

パン・マクミラン社の児童文学への関心は、家族経営の会社として始まったことを反映しています。マクミラン賞は、優れた才能を持つ若手の児童書イラストレーターに贈られ、次世代のクリエイターたちを支援しています。

 

有名作品:Me by Elton Johnなど

 

6.Pearson

歴史:Pearson PLCは、かつてPenguin Random Houseの一部を所有していましたが、Pearson Education部門は学術書に限定されています。

 

特徴:

ピアソンの教科書やその他の教材は、体験型の科学プロジェクトからホリスティック・セラピーまで、さまざまなテーマを扱っています。ピアソンは、テクノロジーによって教育の質を高めることを確信しており、人の能力を測定するデジタルツールなども提供しています。言語学習サービスのDuoLingoと提携し、より多くの消費者にリーチし、またウェブサイト運営の教科書レンタルサービスを確立しています。

 

有名作品:
Subject textbooks for higher educationなど

 

7.Oxford University Press

歴史:

オックスフォード大学出版局は、印刷文化の初期にまで遡ることができる豊かな歴史を持っています。最初の本がオックスフォードで印刷されたのは1478年、イギリスで初めて印刷機を設置してからわずか2年後のことでした。その後1世紀以上にわたり、大学はオックスフォードの複数の印刷業者と関係を持ちましたが、正式な大学出版物はありませんでした。

1800年代後半からOUPは大きく発展し、1896年には海外初のOUPオフィスをニューヨークに開設しました。その後、カナダ(1904年)、オーストラリア(1908年)、インド(1912年)、南部アフリカ(1914年)など、次々と海外支社が設立されました。現在、OUPは世界50カ国にオフィスを持ち、世界最大の大学出版社となっています。

 

特徴:

OUPは、教科書、ジャーナル、辞書などを出版しています。- OUPは教科書、雑誌、辞書などを発行していますが、その内容は学術的なものだけではありません。例えば、アストリッド・リンドグレーンの「ピッピ・ロングストッキング」のような児童書も出版しています。現在、OUPは自社およびいくつかの著名な出版社から書籍、雑誌、楽譜を出版しています。辞書、歴史書、文学小説などの出版で知られており、Oxford World's Classicsの出版も行っています。

 

有名作品:

Academic journals and new editions of literary classicsなど

 

8.Simon & Schuster

歴史:

サイモン&シュスター社は1924年に設立され、現在はCBSコーポレーションの子会社となっています。ヘミングウェイやフィッツジェラルドなどの「ロスト・ジェネレーション」の作家たちのオリジナル出版社であり、その後もスティーブン・キングやダン・ブラウンなど多くの著名な作家の作品を出版しています。現在は、年間2,000以上のタイトルを発売しています。

 

特徴:

幅広い層に受け入れられる、優れた文章の出版を得意としています。読者と作家の距離を縮めるためにテクノロジーを積極的に活用しており、ソーシャルメディアやポッドキャスト、ビデオの制作にも力を入れています。

 

有名作品:The Institute by Stephen Kingなど

 

9.Bloomsbury

歴史:

約30年前に設立されたブルームズベリーは、比較的若い出版社です。

 

特徴:

1997年にJKローリングの大人気小説「ハリー・ポッター」の印刷を開始したことで、驚くべき成功を収め、現在は出版界の大御所となりました。また、Donna Tarttのような大人向けの作品も出版しています。

 

有名作品:Harry Potter Series by J. K. Rowling

 

10.Wiley

歴史:

1807年に設立されたワイリー社は、学術・教育関連の出版社で、200年以上にわたって出版業界に影響を与え続けてきました。最近ブランド名を変更しました(旧ジョン・ワイリー&サンズ社)。これまで、ハーマン・メルヴィルやエドガー・アラン・ポーなどの作家のオリジナル出版社として、非常に高い評価を受けてきました。

 

特徴:

学生、教師、専門家などを対象とした学術書を専門とし、紙媒体や電子媒体で出版しています。科学と人文科学をカバーする巨大なWiley Online Libraryのおかげで、同社はデジタル出版の主要な力となっています。テスト対策教材や、現在までに2,500タイトル以上が発売されている有名な「For Dummies」シリーズなど、さまざまな分野の包括的なガイドが主な収益源となっています。

 

有名作品:
Instructional titles including new editions of iPhone for Dummiesなど

 

まとめ・イギリス文学に興味がある方へ

いかがでしたか?何世紀もの古い歴史を持つ出版社や、最新のデジタル技術を使って売り上げを伸ばしている出版社など、英国には様々な出版社がありますね。

 

最後に、イギリス文学に興味がある方へ、私のおすすめ作品をいくつかご紹介します!

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!