ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Webライターにおすすめのライティング本7冊【初心者にもわかりやすい】

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

 

私は普段ライターとしてさまざまなWebメディアで記事を書いています。この記事をお読みになっている方でも、ライターの方や、これからライティングを仕事にしたい、と考えている方が多いのではないでしょうか。

 

ライターについて、「だれでもできる」という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、「正しくわかりやすい文章で、目的に沿ったものを書く」というのはスキルが必要です。

 

そこで今回の記事では、Webライターにおすすめのライティングが学べる本をご紹介します。

 

 

1.心を操る文章術

概要:
今日からあなたも名文家の仲間入り! 読み手の心を揺さぶるために必要な発想とテクニックをつぶさに伝授。メール、ツイッターから小説まで、あらゆる文章に応用可能な「一億総書き手」時代の文章読本!(Amazonより引用)

 

私のレビューはこちら

 

2.沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

概要:
SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。
謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。(Amazonより引用)

 

3. 人を動かす「文章術」-機能的に情報を伝えるための実践スキル(PHPビジネス新書 106)

概要:
ビジネススキルとしての良い文章とはなにか――それは論理的な文章でも、叙情的な文章でもなく、「うまく伝わり、実際に人を動かす文章」です。本書では、そんな文章を「仕事文」と名づけ、それが機能するための6つの要素を紹介します。豊富な実例と練習問題を交え、文章の基礎力が鍛えられる一冊です。(Amazonより引用)

 

4.秒で伝わる文章術

概要:

「読み手ファースト」の文章術があなたの人生を変える!
「読みやすい文章が書けない」
「伝わる文章が書けない」など

文章を書く上で、もしあなたがこうした悩みを持っていたとしたら、
その悩みを一瞬で解決する方法があります。

「読み手ファースト」で文章を書く。たったこれだけです。

(Amazonより引用)

 

5.ポチらせる文章術

概要:
本書では、あなたに「ポチらせる文章」の書き方をお伝えします。
ポチる、というと「ネットで商品を買う」という意味で使われる人が多いと思います。
著者の大橋さんはコピーライター。
言葉で商品やサービスを買わせるプロ。
この本には、読まれる提案・キャッチコピー・ボディコピー・商品認知ステージといった、どんな媒体、どんな商品にも有効なコピーのポイントが詰まっています。
(Amazonより引用)

 

6.これからのSEO Webライティング本格講座-最新のGoogle対策!

概要:
今現在、「SEO対策を意識したWebライティング」で最も効果的であるとされている手法は、何だと思いますか<? br> それは、「ユーザー寄りのWebライティング」に他なりません。
「ユーザーの検索意図を読んで、ユーザーの検索欲求を満たしてあげられるような、人が読むことを意識した文章を書く」
これが今、最も支持されているWebライティングの手法です。(Amazonより引用)

私のレビューはこちら

 

7.ザ・コピーライティング

概要:
「広告の父」オグルヴィは、自らも本書で学び、
「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ広告の本だ」と絶賛する。
本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。
(Amazonより引用)

 

 

以上です。気になる本があれば、ぜひ手に取ってみてくださいね。