雲川ゆずの本棚

和書・洋書の書評やおすすめの本を紹介しています!

Mick Herron “Slow Horses” あらすじ・レビュー

こんにちは!イギリス在住読書ブロガーのゆず(@ybook21)です!

今回は、Mick Herronさんの “Slow Horses” という作品をご紹介します。

 

 

本の概要

・ISBN:9781569479018
・出版年:2010年
・出版元: Soho Crime 
・ジャンル:サスペンス
・ページ数:320ページ(Kindle版)
・シリーズ:Jackson Lamb #1

 

あらすじ

イギリス、ロンドン。スローハウスは、落ち目のMI5スパイが失敗したキャリアを無駄に過ごすために行くところだ。

 

「スローホース」と呼ばれる彼らは、ここに降格させられるほど、何らかの形で自分の名誉を傷つけてきたのだ。作戦を失敗して、もう信用されないとか。野心的な同僚に邪魔されて、足元をすくわれたのかもしれない。酒に依存しすぎたのかもしれない。この仕事では珍しいことだ。

 

しかし、1つだけ共通しているのは、彼らは皆、仕事に戻りたいということだ。そして、そのためには手段を選ばないということだ。

 

感想

久しぶりにスパイ小説を読んだのですが(以前すごくジェームズボンドにハマっていた時期がありました)、面白かったです!

 

私の英語力の問題もあると思いますが、やや物語に入っていきにくく感じました。スピード感ももう少しあると読みやすかったかなと。

 

ロンドンの様子がところどころ出てきますので、ストーリー展開とあわせて、イギリスやロンドンがお好きな方にもぴったりだと思います。

 

5段階評価(おすすめ度)

※あくまで私の主観によるものですので、参考程度にお考えください。

 

★★★☆☆(3/5)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!